つみたてNISAのメリット・デメリット

投資の一環として、つみたてNISAにチャレンジしてみたいといった人も多くいるのではないでしょうか。つみたてNISAは年間40万円まで非課税となっており、納税の面からもメリットがあります。一方、デメリットについても気になるところです。
今回はつみたてNISAのメリット・デメリットについて考えます。

つみたてNISA

つみたてNISAは2018年1月からスタートした制度であり、投資を支援するため、非課税制度となっています。つみたてNISAは初心者向けの投資として人気を集めており、幅広い人たちが積立をしています。
長期投資や積立投資、分散投資に適しており、このいずれかで希望している人はぜひチャレンジしてみるといいでしょう。株式投資はETH(上場株式投資信託)と公募株式投資信託に限定されています。
つみたてNISAを利用できる人は日本居住の20歳以上となっています。NISAについてはつみたてNISAか一般NISAのどちらかで投資が可能です。同時には利用できないのでこの点は注意が必要です。投資可能期間については2018年から2037年までです。
つみたてNISAは個人年金代わりに積立したり、教育費用に積立する人もいます。貯金と違って運用の利益が期待できることや、信頼度の高い運用状況のため、安心して積立する人が多いようです。19歳以下についてはジュニアNISAというものがあります。
日本人は投資に積極的ではなく、非常に慎重な姿勢が伺えます。それにも関わらずつみたてNISAを行う人が増えているのは信頼度が高い投資であること、また長らく続く低金利政策の影響もあります。
つみたてNISAは期間も限定なので少額から積立てみるのも良いでしょう。非課税なので受取時もメリットが高い可能性があります。

つみたてNISA のメリット

つみたてNISAのメリットは下記となります。
・年間40万円まで非課税
・金融庁が認めた投資機関のみでの運用なので安定度が高い
・払い出しがいつでも可能である
・初心者が投資しやすい
このようなメリットがあり、多くの人から支持を集めています。特に投資初心者にとってハードルが低いのはうれしいポイントかと思います。投資についてはよくわからない人はまずはつみたてNISAから投資を初めて見るのも良いでしょう。
つみたてNISAで運用益が出た場合、運用益についても非課税となります。株式など一般投資ではどういう仕組みになっているかというと利益に対して20.315%ほど税金がかかります。2割も税金だとは驚く人も多いのではないでしょうか。そうしたことを考えても、つみたてNISAはお得です。
同時並行はできませんが一般NISAとジュニアNISAについては年間120万円まで5年間非課税です。こちらも活用したいところです。
資金的に可能な範囲で非課税枠の分については積立を検討した方が良いでしょう。
積立形式の投資では途中解約ができないケースがほとんどなのに対し、つみたてNISAは途中で解約したり、下ろすことも可能です。もしものときも引き下ろしができるのでこの点も安心できるのではないでしょうか。
つみたてNISAは初心者が投資しやすい投資と言われています。理由はファンドの数です。通常は約5000種類の中からファンドを選択しなければなりません。その点、つみたてNISAは120本となっています。この120本は厳選されたものなので信頼度も高く、どれを選んでも良いと言ってもいいくらいおすすめのものばかりです。

つみたてNISA のデメリット

つみたてNISAはどのようなデメリットがあるのでしょうか。デメリットについてもしっかり抑えた上でつみたてを検討することをおすすめします。デメリットですが下記となります。
・選択肢が少ない
・年間40万円までの利用に制限されている
・非課税投資枠の再利用不可
・他の証券口座と相殺できない

つみたてNISAの選択銘柄は120本です。厳選された120本でありどれも信頼度が高いのですが、実際に市場に出回っているのは5000本ほどであり、その中のごく一部であることがわかります。株式についてよくわからない人は種類も少ない方が良いという人も多いかと思いますが、詳しい人だとこの本数に不足を感じる人もいることでしょう。本数が少ないというのは選択肢も狭められるということです。
つみたてNISAは年間40万円までしか投資できません。月額あたり3.3万円です。もっと積み立てたいという人は少なく額に感じることでしょう。
つみたてNISAの大きなメリットと言えば非課税枠ですが、こちらも注意が必要です。非課税枠ですが再利用は不可となっています。また損失が出た際、他の証券口座と相殺できないのもデメリットです。

■おすすめ記事
ウェルスナビと積立NISAならどっちがおすすめ?
今話題の積立NISAにチャレンジ
積立NISAなら楽天証券と楽天カードで決まり!