デメリットなしを狙うなら個人型確定拠出年金

超低金利政策が続く中、緩やかに金利は回復傾向にあるものの利息はまだ期待できない状況です。老後の資金や教育費などを個人型確定拠出年金で貯める人も多いことでしょう。個人型確定拠出年金はデメリットがほとんどないのも特徴です。

個人型確定拠出年金の特徴

大半の人が加入している国民年金や厚生年金を公的年金と言います。公的年金だけだと老後の資金が足りないことから、さらに老後の資金を貯めているのが一般的です。
個人型確定拠出年金はiDeCo(イデコ)とも呼ばれています。個人型確定拠出年金は公的年金にさらに上乗せして、任意で加入する年金です。生命保険会社で提供している個人年金とは別商品です。
個人型確定拠出年金は公的年金と異なり、自分で必要であれば加入するというシステムです。
現在特に注目されているのは加入条件が緩和されていること、税金の面でメリットがあること、運用益が非課税であることです。節税対策の一環としても個人型確定拠出年金はおすすめです。
掛け金についても人によって上限が異なります。最低掛け金は5000円からとなります。個人型確定拠出年金は公的年金のプラスアルファであることがわかるかと思いますが、公的年金とは別に個人単位での積立となります。万が一公的年金が破綻しても個人型確定拠出年金はそのまま残っている状況であり、受け取ることができるのです。この点も安心して利用できます。

自己破産しても資金が残る

個人型確定拠出年金は貯金とは異なるため、万が一自己破産しても残る資金となっています。この点も大きな魅力です。自己破産というのは資産状況で最悪の事態かと思いますが、事業をしているといつどういう落とし穴が待っているかわからないものです。もしものときの資金確保として、個人型確定拠出年金を実施するのも良い策と言えます。
個人型確定拠出年金は非常に守られた制度の中、運用されていることがわかります。しかしながら注意点もあります。それは60歳までお金を引き落とすことができないという点です。万が一のとき、引き下ろしをしたい人は個人型確定拠出年金ではなく積立NISAを利用するといいでしょう。
年金受給に対し不安を抱いている人は多いかと思います。例えば国民年金をかけている人は国民年金基金をかけている人もいることでしょう。国民年金基金はすでに1兆円超の不足金があります。自分の積み立てた資金が不足金に流れるのではと心配している人もいることでしょう。この点も個人型確定拠出年金は心配ありません。個人型確定拠出年金は別枠で個人資金として確保されています。つまり個人型確定拠出年金は年金が破綻してもリスクがないのが特徴なのです。
国民年金基金は運用のリスクはありませんが、年金制度が万が一破綻した場合、年金を受け取れなくなる可能性は十分あります。その点、個人型確定拠出年金はそうしたリスクはないので安心です。ただし個人型確定拠出年金は運用リスクがあるのでその点も把握しておかなくてはなりません。

短期運用でも所得税のメリットが大きい

個人型確定拠出年金は節税のメリットが高いことでも評判です。節税に有効だというのはわかりますが、どこでどのくらい有効なのでしょうか。
節税で有効になるのは所得税の部分です。給料から税金が引かれているので詳細を把握していない人も多いかもしれませんが、所得によって納税額も異なります。高額所得者であればその分納税している額も大きくなり、個人型確定拠出年金を活用して少しでもお金が戻ってくるよう工夫することができます。
例えば56歳で個人型確定拠出年金に加入すると、加入年月は4年程度です。4年でも所得税が戻ってきますし、受取時も非課税なのでメリットがあります。
年収700万円の人のケースだと月2万円積立で所得税は7万2千円戻ってきます。
またリスクを背負いたくない人は運用を一切せずにただ積み立てるという手もあります。この方法だと貯金と同じになります。貯金と同じですが所得控除の対処となるのでメリットがあるというわけです。
かけることができる額が限られているので大幅節税にはなりませんが、運用をするかどうかも含めてメリットがありますし、何より所得税の還元があるので少額、短期間であっても個人型確定拠出年金は上手に活用するのがベストと言えます。
現在個人年金をしている人も個人型確定拠出年金に切り替えた方がよいケースが少なくありません。今からでも個人型確定拠出年金に切り替えてはどうでしょうか。貯金についても個人型確定拠出年金にすることで還元の対象になること、また運用しなければ損をしないのでやり方次第で貯金や個人年金よりもよっぽどメリットがあります。

■おすすめ記事
バランス型投資信託(バランスファンド)
今話題の積立NISAにチャレンジ
100万円以下からスタートしたい投資法とは