お金の活用は期間と目標を決めることが大切

近年は資産運用や投資が身近になってきましたが、それでもとりあえずお金を銀行に預けている人も多くいます。医師など多忙な仕事についている人はお金を使う時間もあまりないといった人も多いかと思います。
お金については知識を持って向き合うことが大事です。

お金に息をさせること

お金は大事なものです。生きていくのにそこそこのお金があればよいといった人もいれば、投資などで増やしたいといった人もいることでしょう。お金についてはその人のライフスタイルを反映していることも多く、なんとなく管理するのではなく、きちんと把握し管理することが大切です。
お金は銀行にただ預けるのではなく、息をさせることが大事です。銀行に預けていても、わずかばかりの利子がつくだけでお金の活用とは言えない状態です。もちろんいざという時に備えて貯金も必要です。必要な貯金の他にとりあえず銀行に預けているお金はNISAなどで積み立てるなど活用方法はいくつもあります。
お金に息をさせることをおすすめしたい理由は、お金は息をさせてこそはじめて活用できること、また社会経済にとっても巡回につながるためです。お金に息をさせている人はお金の巡りが良いことも多く、経済活動も活発化します。一方ただなんとなく銀行に預けている状態だとお金の活動も停滞しがちです。
フルタイムで仕事をしている人は多忙でなかなかお金の活用まで手が回らないといった人もいると思います。そうした人は多忙な状態でも運用できる方法を探してみてはどうでしょうか。例えばNISAやイデコなどがその例です。資金運用初心者でも敷居が低いのでぜひチャレンジしてみましょう。

お金のセミナーを受けてみよう

お金を活用しようといってもどういう風に活用していいかわからない人もいることでしょう。お金の活用ですが、お金に関するセミナーを受けてみるのもおすすめです。例えば下記のような活用方法があります。
・不動産投資
・株式投資(優待券狙い)
・ビックコイン
この中でも投資しやすいのは不動産投資かと思います。不動産投資をと思っている人は不動産投資関係のセミナーに参加してみるといいでしょう。
お金に関するセミナーですが「こんな方法があったなんて」と思う点があるかもしれません。実際に経営に成功している人やその道のプロのセミナーはためになることも多いです。不動産投資については中古物件の方が利回りが高いことも多く、そうしたことを知らない人も少なくありません。また管理会社に委託することで運営の手間がかからないので副業にピッタリな業務でもあります。
自分で興味がある内容のセミナーに参加してみるといいでしょう。不動産投資であれば不動産会社が開催している無料セミナーなども多数あります。無料のものでも良い内容のものも多いのでぜひ参加を検討してみるといいでしょう。

期間と目標額を定める

お金の活用については期間と目標額を定めることをおすすめします。5年で200万円を250万円にするという具体的な目標を持つことで現実味が増します。
忙しい人は特に「ちょっと落ち着いたら」「いつかそのうち」と口にしがちです。そうしている間に1年や2年はあっという間に過ぎ去ってしまいます。またいつかという扉はありません。具体的に期間を設定することで初めて動き出すことでしょう。
期間を決めたら、目標に向けてどう走っていくか決めることが大事です。200万円を5年で250万円にしたいのなら、1年あたり10万円を増やす方法を考えます。例えばロボアドバイザーを活用するという手もあります。ロボアドバイザーはIQ200以上と言われており、投資実績も順調なケースが少なくありません。プロの投資家に運営を委託している状態なので投資の初心者であれば迷わずこちらに託すのも良いでしょう。
またラオス貯金といった方法もあります。ラオスは東南アジアの中でも勢いがある新興国であり、銀行の利息も非常に良い状態で運営しています。ドルやタイバーツ、ラオスキープで預けることが可能で5年定期で利息は7%など高い利子が魅力です。
また昔ながらの方法で物を仕入れ販売するという手もあります。リサイクルショップで商品を仕入れ、ネットオークションで販売するといった手法もあるので目利きの人はそうした方法でお金を回している人もいるわけです。自分で興味があり、かつお金を増やせそうな方法をぜひ模索してみるといいでしょう。
5年間で200万円が仮に210万円になったとしてもそのまま200万円にしておくよりメリットがあります。10万円増えたという実績ができますし、お金をうまく運用させたという実績につながることでしょう。

■おすすめ記事
海外貯蓄はラオスの銀行が熱い
投資初心者は投資信託積立がおすすめ
100万円以下からスタートしたい投資法とは