投信ブロガーが注目する「楽天VT」

投資ブロガーも注目している「楽天VT」をご存知でしょうか。投資の中でも楽天VTは話題性の高いものの1つで、楽天VTの対象は「全世界」で対象国は47か国ほどとなっています。

楽天とバンガードの提携

楽天VTは先進国と新興国の両方が投資対象となっており、トータル47か国の投資対象国から投資運用を実施しています。投資方法は株式投資であり、株式インデックファンドへの投資となります。楽天VTは楽天とバンガードが提携した独自のファンドです。
バンガードは世界規模で運用を手掛ける企業であり、名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。ETFでも有名であり、コストがとても安いのも魅力の1つです。
正式名称が楽天・バンガード・ファンドという名前となります。株式は全米ものであり、日本市場のものは含まれていません。
バンガードの運用は海外ETFが多く例えばバンガード・トータル・ワールド・ストックETFなどは人気の高い商品です。日本でも所有している人がわりと多い商品でもあります。
ちなみにバンガード・トータル・ワールド・ストックETFの通称はVTです。この商品は世界を基準に分散して投資することができます。投資ブロガーからも人気の高い商品であり、コストの安さも魅力的です。
海外の商品となると敷居が高いと感じる人も多いことでしょう。その点、楽天と提携しているバンガードは気軽に購入できる商品となっています。この点も大きな魅力の1つです。
海外ETFの場合、売買が面倒であったり積み立てができないといったケースが多々あります。その点楽天VTはバンガードが購入してくれるため、非常に投資がしやすいシステムになっています。
投資についても時代とともに労力がかからず、さらに運用も手軽にできるよう変化を遂げています。
楽天VTは楽天VTを所有することであこがれのバンガードの商品を手に入れることができるため、投資家たちの間でも人気となっています。

楽天VTは0.5%前後の手数料

日本語で手軽やりとりできる楽天VTですが、手数料についても把握しておくことをおすすめします。2018年の運用では0.5%前後の手数料がかかったという声も多くきかれました。投資するうえで購入してそのまま放置といった人も多いかと思いますが、放置する人はなおさらコストは気にしたほうがいいでしょう。
投資についても分散投資をしている人もいれば楽天VTのみに投資している人もいるかと思います。楽天VTの歴史は浅く、まだ明確な結果は出ていませんが、今後も長い目線で検討することが大事です。いずれにしても0.5%前後の手数料は高めといえます。
業界の流れからもコストの低減化は進んでおり、0.4%前後が1つの目安となっています。
eMAXIS Slimなどは低コストで定評があります。そちらに乗り換える人も増えています。数値で見るとそんなに大きな違いがないように見えますが、手数料は投資金額が大きいとそれなりの額になるので十分注意しなければなりません。

VTの買い付けだけで検討してみる

VTがほしいという人は楽天VTのコストを考えるとVTから直接取引するほうがよいケースも少なくありません。現状から行くとVTでの購入がおすすめといえます。
楽天VTの手数料は0.5%ほどであり本家は0.1%となっています。
VTから購入した場合、為替の手数料などがかかります。この点は費用がかかりますが、楽天VTの手数料から見てもお得です。
投資信託の場合、報酬は毎年確実に支払わなくてはなりません。それと比較してもお得かどうかを見極める必要があります。
ちなみに海外ETFの購入は買い付け手数料がかかります。ただし投資信託のように支払わなければならないわけではなく、1度のみの支払いなので長い目で見ればお得なことがわかります。
運用においては、トランプショックなどのときは打撃を受けています。楽天VTの場合、インデックスファンドのため運用状況を数値にしてみるとわかりやすいでしょう。リターンについても思うように期待できなかったという声が多くきかれます。2018年は特に市場に波があったためそうした結果になったことが予想されます。
楽天VTは手軽ではありますが、2019年3月現在運用が順調とは言えない状況です。リスクがあること、また手数料が割高である点もしっかり理解したいところです。
また運用については短期運用はおすすめできません。運用は長期保持でようやく成果出るのが通例です。その点も踏まえて投資しましょう。

■おすすめ記事
銀行口座と証券口座の違いについて
ロボアドバイザーの活用のすすめ
話題沸騰中ウェルスナビとは