多忙な医師の投資は情報が最大の武器

投資したいと思っても多忙な医師はなかなか時間を作れないのが現状です。そうした中、投資するには情報が最重要となります。多忙な医師の中でも投資をしている人はどういう風に投資をしているのか気になるところです。

医師たちの投資

多忙な医師の中でも投資をしている人もいます。そうした人の共通点ですが「労力をかけない」のがポイントとなります。労力をかけない投資は情報が命となります。実際に労力をかけずに投資している医師たちについても情報収集してみることをおすすめします。
情報収集の方法はいくつかありますが、書籍を読んだり、セミナーに参加してみたりするといいでしょう。セミナーへの参加は無料で参加できるものもあります。
医師の場合、収入が高額であり、職業としても信頼度が高いことから、融資を受けやすいのも特徴です。手堅い投資といわれる不動産投資をする人も多くみられます。不動産投資は収益物件であればぜひおすすめしたい投資です。
不動産投資は購入をしたのち、管理会社に委託することにより手数料が発生しますが、時間を取られることなく投資できます。管理等は管理会社に任せて本業に励むことも可能です。資金がある人は融資を受けずに不動産投資をすることもできます。
また資産については現金で保有しているより不動産で保有しているほうがメリットがあるケースも多くみられます。不動産は現金よりも相続税を節税できます。
現金保有で仮に1億円あるとすれば1億円に相続税がかかるわけですが、不動産の場合、路面価となるため7割程度に抑えることができます。こうした事情から相続前に現金からあえて不動産に変えて保有する人もいるほどです。
また不動産投資は資産育成にも役立ちます。万が一のときは生命保険でローン支払いがカバーできるため現金で購入するより、ローンで購入したほうがよい場合も少なくありません。
医師にとって不動産所有はメリットになることも多いので、収益不動産に限って投資を検討してみるのもよいでしょう。

90分でわかる! 忙しい医師の不動産投資「はじめの一冊」

不動産投資を検討している方にぜひ読んでほしいのが「はじめの一冊」という書籍です。こちらの書籍は不動産投資を検討している医師におすすめとなっています。
書籍内容は1000万円以上の高額所得者である医師などの職業向けであり、初心者にもわかりやすく記載されています。投資をする際、リスクや怖さがあるのが通例かと思います。不動産投資に関してメリットはもちろん、デメリットについても解説されており、自分の中の恐怖心はどういったものが要因かもわかることでしょう。
物件選びについても記載されています。物件選びは最大のポイントといえます。収益物件でなければ手を出さないのが鉄則です。資産を形成するには収益物件であることが絶対条件となります。運営や管理についても詳しく書かれているので参考にするといいでしょう。
収益不動産については年収と同じ額を稼ぐことを目標としています。保険のかわりに、そして節税対策として不動産投資を検討してみてはどうでしょうか。

地震保険をどうするべきか?などの情報もチェックを

不動産投資を行う上でいくつか自分で選択しなければならないことがあります。まずローンを組む場合、もしものときローン返済が可能なように保険加入が義務づけられています。また火災保険についても強制加入となっています。
任意のものとして地震保険があります。地震保険をどうするか悩んでいる人は少なくともローン返済期間は加入をおすすめします。
地震に対するリスクはそこまで身近なものではないかもしれません。しかし地震大国の日本では地震により家が崩壊した例も多数あります。そうした際も補償を受けられることを考えると地震保険は安価で利便性の高い保険といえます。
労力を最小限にするためには情報が命です。情報収集ツールを持つことで不動産投資をはじめ投資も成功を収めることができます。
インターネットやセミナー、書籍などをフル活用し可能であれば同じような立場の人から話を聞くのもおすすめです。
また不動産の収益物件は中古物件のほうが収益が出やすい傾向にあります。中古物件は費用を抑えることが可能であり、そちらの面からもおすすめといえます。
不動産投資についても予算が5000万円なら2500万円の予算で2つにわけて所有することも検討したいところです。2つの所有物件は違うエリアにしましょう。地震などの際、1つの物件に被害が出てももう1つの物件は被害を免れるというケースもあります。このようにリスク分散にもなるのでぜひ参考にしてください。

■おすすめ記事
高収入の医師には米国株式への投資がおすすめ!
不動産投資は医師におすすめと言われている理由
医師がぜひ知っておきたい!家賃債務保証のしくみ