公社債投資信託の活用

公社債投資信託に興味を持っている方もいることでしょう。リスクが少ない投資と言われている公社債投資信託ですが、株式投資を一切入れない投資となっています。

公社債投資信託とは

公社債投資信託についてあまりよくわからないという方もいるかと思います。公社債投資信託は名前の通り、公社債投資信託のみで投資をする方法です。投資をするにあたり、さまざまな銘柄を選ぶかと思います。
投資信託では株式投資信託と公社債投資信託があります。公社債投資信託は株式を一切いれずに運用する方法です。国債や地方債、社債などが公社債投資の対象となります。
仮に1%であっても株式投資が入っていれば公社債投資に該当しません。公社債投資については株式投資を一切しない旨、規定にも盛り込まれています。
投資対象は、国債や地方債、社債などです。これらを「債券」と言いますが、債券は、元金や利払いが定まっているため、投資信託の中でもリスクが低く、安全性の高い商品となっています。投資はリスクと考えている人も公社債投資なら安心して投資できるのではないでしょうか。
運用益は運用実績によって異なります。購入は1口1円からケースが多くみられます。取り扱い証券会社によって異なるケースもあるので確認が必要です。
毎月の積立を希望されている方も積立方式が可能となっています。3000円くらいが1つの目安となりますがこれも証券会社によって異なるので確認が必要となります。
換金についての規定は特になく、いつでも換金可能となっています。ただし換金時は手数料と消費税もかかるのでそちらも確認する必要があります。

公社債投資信託の種類について

公社債投資信託の種類は下記5種類となります。
・MRF型(マネー・リザーブ・ファンド)
・MMF型(マネー・マネジメント・ファンド)
・中期国債ファンド
・長期公社債投信
・短期公社債投信
また現在日本では超低金利政策が続行中です。運用益がほぼない、あるいはまったくないものもあるため、販売停止になっているものもあります。そちらも確認が必要です。
短期で運用をしたい人におすすめなのがMRF型(マネー・リザーブ・ファンド)です。こちらは1日単位で配当金が出ます。安定性は高く元本割れの心配もほとんどないため、資金がある人はこちらに投資するのもよいかと思います。
また再投資については月末に自動的に行うシステムとなっています。このあたりも労力がかからずおすすめです。
安定運用を目指しつつ、短期投資を希望している人やMMF型(マネー・マネジメント・ファンド)もおすすめです。期間が短いタイプの公債を中心に運用するもので安定運用としても名高い運用となっています。ただしリスクもあるのでその点も把握しておく必要があります。
短期債券を希望している方は外貨建てもおすすめです。外貨建てについては日本の公債よりもリスクが高いことが多いのでその点も注意しなければなりません。
3年から5年目安で投資したい人は中期国債ファンドがおすすめです。また長期投資を希望されている方は長期公社債投信を選ぶといいでしょう。こちらは日本国内の公債を長期で運用する形となっており、リスクも低く安定性も高いといえます。
国内だけではなく国外の公債について投資したい人におすすめなのが短期公社債投信です。決算が3か月や6か月など短いスパーンで設定されているのも特徴といえます。

公社債投資信託のメリット・デメリット

株式投資を一切入れない公社債投資信託ですが、どういったメリット、デメリットがあるのかも気になる点かと思います。
公社債投資信託のメリットとしては安定性が極めて高く、損をすることはほぼないといっても過言ではない点です。ゼロとは言えませんが、限りなくリスクは少ないといえるでしょう。
投資はリスクが怖いと考える人も多く、敬遠されがちです。その点リスクが少なく公社債投資信託はおすすめといえます。
公社債投資信託のデメリットですが、何と言ってもリターンがあまり期待できない点です。安定性が高いとリターンが期待できないというデメリットはつきものとなっています。
こうした特徴から公社債投資信託は初心者におすすめの投資といえます。資金が豊富な人にもおすすめです。リターンは少ないですが、リスクもなく貯金よりも運用益が良いケースもあります。

■おすすめ記事
資産配分どうしていますか?
平均リターンは具体的にいくら?投資の種類別に解説
投資初心者は投資信託積立がおすすめ