イオン株はSBI証券の利用がおすすめ

イオン株の購入を検討している人はSBI証券の利用がおすすめです。証券会社は数多くありますがどこにしていいかわからないといった人はSBI証券を利用してみるといいでしょう。

イオン株購入でSBI証券がおすすめの理由

株式取引を検討している人はまず口座開設が必要となります。イオン株を購入したい場合、イオン株の取り扱いをしている証券会社を見つける必要があります。イオン株については多くの証券会社で取り扱っていることが多いです。
株購入にあたり証券会社の手数料がかかります。手数料は各社でまちまちなのでなるべく手数料がお得なところを探すといいでしょう。
手頃で開設しやすい証券会社としてはSBI証券がおすすめです。SBI証券は正式名称SBI証券株式会社といいます。昭和19年に設立された大沢証券株式会社が始まりで、平成11年にイー・トレード証券株式会社に改名しています。その後平成18年にSBIイー・トレード証券株式会社となり、現在の社名になったのは平成20年のことです。英語表記のため外資系企業と思われがちですが、本社を六本木に構えており日系企業となっています。
SBI証券は人気の証券会社となっていますが、人気の秘密は何といっても手数料の安さです。また口座開設で2000円の現金プレゼントを実施するなどお得なキャンペーンを実施しているのでそちらも人気の秘訣となっています。信頼度も高く取引がしやすいので初心者にもピッタリです。
以前株を購入するとなると証券会社の窓口での購入が一般的でしたが、現在はインターネットからの取引が多くみられます。窓口に行く手間もないですし大変手軽です。
すでに証券会社の口座などを所有している人もこの機会にネットで簡単に取引できるSBI証券の口座開設を行ってみてはどうでしょうか。

口座開設後の入金などの流れ

口座開設の次は入金の作業となります。入金はネット口座の利用が便利です。楽天銀行やゆうちょのネットバンクなどを利用して入金しましょう。ネットバンクを全く持っていない人は銀行のATMから入金が可能なのでやってみるといいでしょう。
口座に入金が完了したらいよいよ株購入となります。イオン株の場合、SBI証券の利用であれば、まずはログインします。次にイオン株を探します。イオン株が見つかったら現物買いというボタンを押します。次に注文確認画面へ進みます。内容を確認したら注文発注で注文完了となります。
イオン株は相場によって価格が異なります。大体2000円前後の価格で取引されていることが多いです。
イオン株は日経平均株価に左右されることが多く、日経平均株価と連動しているといっても過言ではありません。購入時はなるべく日経平均株価が下がっているタイミングが良いでしょう。逆に手放すときは日経平均株価が上がっているタイミングがおすすめです。

オーナーズカードはいつ届くのか?

イオン株購入の目的としてオーナーズカードを目的としている人も多いことでしょう。オーナーズカードの対象者は2月末あるいは8月末にイオン株を100株以上有している人が対象となります。またオーナーズカードが手元に届くには上記からしばらく時間がかかるので気長に待つことになります。オーナーズカードは2枚届くので家族で持ち歩くのもよいでしょう。
知らない人も多いかもしれませんが、イオンはラウンジもあります。デパートでの買い物等で疲れたら、イオンのラウンジで休むこともできます。ラウンジを利用するにはオーナーズカードが必要なのでこちらも忘れないようにしましょう。
イオンラウンジは全国184店舗で利用できます。1組あたり4人まで利用できるので家族で利用することも可能です。利用できる時間は30分以内ですが、一息つく時間としては十分ではないでしょうか。
またデメリットは混雑していることです。平日でも都心の場合待ち時間があることがあります。
イオンラウンジではお茶やジュース、コーヒーなどを無料提供しており、お茶を飲む場としても活用できます。ちょっと一息つくのに30分という時間はピッタリです。オーナーズカードが届いたらぜひ活用してみてください。

■おすすめ記事
イオン株で日々の暮らしがオトクに楽しく!
まずは投資の勉強感覚で!イオン株価の積み立て投資
月一定額を投資する積み立て投資とは