金利が魅力的なオリックス銀行「eダイレクト預金」

預金の活用について検討されている方はオリックス銀行の「eダイレクト預金」についても検討してみるといいでしょう。オリックス銀行「eダイレクト預金」はインターネット銀行であり高い金利が魅力的です。

オリックス銀行とは?

オリックス銀行はオリックス傘下の信用銀行です。オリックス銀行株式会社が正式名称となります。東京に本店を構えています。
みなさんも山一證券のニュースはご存知かと思います。もともとは山一證券だったのですが現在はオリックスに譲渡されています。店舗はありません。
主力商品は「eダイレクト預金」や住宅ローン、カードローン等です。インターネット銀行の強みとして金利が高いことや融資の手数料が低いのが特徴です。
オリックス銀行はATMの利用ができないのでATMを使いたい人にはおすすめできません。
ローンについては来店不要で申し込みできます。なかなか来店できない人や気軽にローンを組みたい人におすすめです。手数料も消費者金融よりも安くなっています。
インターネット銀行はコストを抑えた銀行となっています。店舗をもたないことによってコストを大幅カットできるため、金利についても高めの設定が可能です。インターネット銀行に興味がある人は試しにオリックス銀行を利用するのもよいでしょう。
オリックス銀行ではたびたびキャンペーンも実施しています。キャンペーンでは現金プレゼントキャンペーンなどもあります。時期によって開催は異なるのでその都度公式サイトで確認されることをおすすめします。
口座開設ですが、書類を公式サイトからダウンロードし作成、返送しなくてはなりません。こうした手続きの流れのため口座開設には1週間前後かかります。
口座開設完了後は自宅に登録カードが届きます。オリックス銀行はATMが利用できないのでATM用のカードは届きません。
口座開設には本人確認書類が必要です。免許証や健康保険証など必要なものを確認しましょう。

eダイレクト預金について

オリックス銀行では2種類の預金商品があります。1つはダイレクト預金で、もう1つはeダイレクト預金です。
インターネットを介して利用できるのが「eダイレクト預金」です。「eダイレクト預金」には2種類ほどありeダイレクト預金の2週間定期預金と定期預金タイプがあります。eダイレクト預金を預ける条件としてまずはオリックス銀行に口座を作る必要があります。オリックス銀行の口座はインターネット取引専用となります。その点を理解して利用する必要があります。
お金をおろすときなどはどうするのかと疑問を持っている方もいることでしょう。通帳やキャッシュカードについては発行されないので自分の保有するゆうちょ銀行など違う銀行にお金を移して下すのが基本となります。
口座開設手続きはウェブ上で行います。必要事項の入力と本人確認等が必要となります。
インターネットでの取引にはお客様カードが必要です。オリックス銀行から後日お客様カードが届くのでカードが届いたら取引開始可能となります。
まずはオリックス銀行にお金を入金しなくてはなりません。他の金融機関からオリックス銀行にお金を振り込みます。
インターネット銀行にお金を入れるにあたり店舗ありの銀行のおすすめとしてはゆうちょ銀行があります。ゆうちょ銀行の口座は多くの人が持っていることでしょう。ゆうちょ銀行のインターネット利用は無料で行うことができます。郵便局で申し込みし、利用可能まで何日かかかるので早めに申し込みしておくことをおすすめします。
まず2週間定期預金の場合は2週間の預け入れ、定期預金は6か月から5年までの預け入れとなっています。定期預金についても6か月なのでそんなに長い期間預ける必要がないのが特徴です。2週間定期預金は預入金額50万円以上となっています。ある程度資金が必要となります。利息は年0.1%です。
継続する場合は自動で金利が適用のままとなります。うっかりそのままにしていても高金利の特権があるのでおすすめです。
満期になると自動継続や他の口座への入金などいくつか選べます。ここで注意が必要なのは利息は税引き後になるという点です。明細確認はインターネットからのみとなるのでそちらを確認しましょう。

普段使いのお金もeダイレクト預金

上記で紹介したとおりeダイレクト預金は高金利となっており、2週間から定期預金ができます。定期として預けておきつつ、普段利用するお金についても上手に利用すればメリットが出ます。せっかくの資産をそのままにするのはもったいないのでこの機会にぜひ活用を検討してみてください。

■おすすめ記事
まずは投資の勉強感覚で!イオン株価の積み立て投資
円建て中心のリスク
外貨建て保険