THEO+[テオプラス] docomoとは

ドコモの携帯電話を使っている方も多いことでしょう。電波状況が良いことでも評判のドコモですが、投資アイテムとしても活用できます。ドコモではお手軽投資としてテオプラスという商品を提供しています。今回はこちらの商品がどういったものか「THEO+[テオプラス] docomo」ご紹介します。

THEO+[テオプラス] docomo

THEO+[テオプラス] docomoは1万円からスタートできるドコモで提供している商品です。条件としてはドコモの携帯を利用している人でないと投資はできないという点です。ドコモを利用している人で試しに投資してみたいといった人はテオプラスを活用するのも良いでしょう。
テオプラスはドコモのスマホで操作可能です。操作といっても基本的に「おまかせ資産運用」なので特段労力がかかりません。投資といってもさまざまな投資がありますが、テオプラスは「リスクを抑えたバランス型の資産運用」をテーマとしており、攻めすぎず、守りすぎないというラインで投資を実施します。
ただし元本保証はありません。基本的に資金が増えることが多いですが、市場の暴落やアクシデントがあった場合、元本割れすることも覚悟しなければなりません。
株式の分散投資は定期預金の利息と比較されることが多い商品です。ドコモの公式サイトでは頭金50万円+月額3万円で投資した場合、10年後予測として定期預金の場合410万円、テオプラスの場合571万円と予測しています。このデータは2018年7月運用に基づき発表されているので、実際は異なることもあります。
テオプラスは自動運用となっており自分で操作等は不要となっています。この点も投資しやすいメリットです。

THEO+[テオプラス] docomo の3大特徴

テオプラスには3つの特徴があります。まず1つ目はおまかせ運用という点です。おまかせ運用とは運用をドコモ側が実施してくれます。そのため知識や操作は不要となります。投資についてまったくわからない人はこういった投資がおすすめです。AIアシストも活用されており、確かな知識のもと投資が実施されています。
2つ目はdポイントがもらえるという点です。ドコモユーザー必見のdポイントは運用資産に応じてポイントがもらえます。月1万円で投資をする人は1か月150ポイントをもらうことが可能であり、10年投資をするとなると1万8千ポイントをもらえます。
3つ目はおつりの活用が可能です。最初に500円などお金を設定しておきます。コーヒーを購入したとして300円利用したら、残りの200円を自動でテオプラスの投資に回すというシステムです。このように日々の生活シーンでも投資に活用することが可能です。
おつりを投資しつづけることで長期にわたるとかなりの金額になることも少なくありません。仮に毎日200円ずつとした場合、月に6000円、1年で72000円、10年で72万円となります。こうした活用技ができるのもテオプラスの特徴です。
分散投資は多くの証券会社で提供していますが、dポイント加算とおつりの活用はテオプラスの大きな特徴でありぜひとも活用したい技と言えるでしょう。

THEO+[テオプラス] docomoの投資開始にあたり準備するもの

THEO+[テオプラス] docomoの投資で準備するものですが、下記となります。
1.ドコモのスマホ
2. マイナンバー
3. 利用予定の銀行口座情報
この3点は必須なのでまずはお手元に準備しておくことをおすすめします。
マイナンバーがわからない人は本人確認書類と通知カードで口座開設することも可能です。
口座開設はスマホで行うことが可能であり、スマホ上で完結します。電話確認や店頭での開設が不要なのも大きなメリットです。

口座開設にあたり年齢等の情報もアップします。テオプラスでは年齢に応じた投資提案をしており、自分にあったプランを把握することもできます。
投資をしてみたいと思っていてもなかなか腰があがらない人はテオプラスを活用してはどうでしょうか。投資は早い方がいいですし、長期投資こそ資産を増やすチャンスです。

■おすすめ記事
低コストの資産運用とは?
月一定額を投資する積み立て投資とは
トライアルオートFXについて