どっちに加入すべき?「掛け捨て保険」と「貯蓄型保険」

保険を検討する際に掛け捨て保険にするか、貯蓄型保険にするか迷っている方も多いことでしょう。掛け捨て保険は掛け金が安いことが多いですが、貯蓄型は貯金と保険を兼ねているため、掛け金が高い傾向にありますが、メリットもあります。現在の経済状況と将来のことを考え、検討していきましょう。

掛け捨て型の保険について

掛け捨て型の保険は掛け金が安く加入しやすいのが特徴です。保険料を抑えたい人は掛け捨て型がおすすめです。掛け捨て型は解約返戻金や満了時の受取金がない場合もあります。そのあたりも確認が必要です。
種類はガン保険や定期保険、医療保険などいくつかあります。例えば貯蓄型の保険に加入している人でも子供たちを養っている期間はもしもに備えて掛け捨て型の保険に入るといった人もいます。イメージとしては貯蓄型の保険に1万円、掛け捨てに4千円という形です。このように一時的な期間の保険として活用することもできます。
掛け捨て型の保険は定期保険が基本となります。定期保険はその期間に限定した保険であり、例えば10年や20年契約となります。子供のために必要と考える場合、一定の期間の保険でカバーできるので非常に役立つ保険でもあります。
定期保険はもしもその後、継続を希望した場合継続は不可能なので新しく入りなおしになるといったデメリットがあります。新しく入りなおすとなると保険料も上がりますし、年齢によっては加入できない場合もあります。また大きな病気をしている人も同じく加入できない可能性があります。
保険は若くて健康な方が掛け金も安くメリットがあるので、なるべくなら若いうちから生涯活用できる保険に1本加入しておき、さらに保証が必要な時は掛け捨てでカバーする形が望ましいでしょう。

貯蓄型保険

貯蓄型保険は貯蓄性を兼ねた保険となっており、例えば葬儀代として死亡時に200万円の受け取りにするとったケースもよく聞かれます。また子供の教育費プラス、もしもの備えとしているケースもあり、ライフスタイルによってさまざまとなっています。
貯蓄型の場合、生涯保証の商品もあり、なるべくなら若いうちに1本加入しておきたい商品となっています。
また貯金代わりに活用するケースもあります。元本保証や運用益が高いなどメリットもあり、銀行に貯金するケースもあります。
貯蓄型保険については終身保険や養老保険、学資保険、個人年金保険などがあります。いずれも目的によって加入が異なります。また積立をしつつ保険加入にもなるので万が一、病気や事故で保険金を払うことが困難だと認められれば、そこで保険金が出るなど保証になることもあるのです。もちろん死亡時も出ます。
ひとまず病気等に備える場合、終身保険に加入するケースが多くみられます。社会人になったらもしもに備えて終身保険は1本加入したいところです。
若いうちに加入すると支払いが安くなります。多くの場合、60歳までの払い込み、もしくは生涯払い込みにしますが、この点もなるべくなら定年前に払い込みが完了するよう設定することをおすすめします。

保険で大事なのはライススタイル

今回は掛け捨て保険と貯蓄型保険について紹介してきました。保険加入をする上で大事なことは自分のライフスタイルにあわせた保険をかけることです。
保険は毎月支払わなくてはならないケースが多く、年間の保険料となるとかなりの額になる人も少なくありません。年齢や収入、環境に応じて保険加入を検討するといいでしょう。
例えば運転手の仕事をしている人は運転時の事故などのリスクを考え、対人なども含めて保証が高い保険に加入する例もあります。年齢も重要です。年齢が上がると保険料も高くなります。特に貯蓄型は保険料が高いため、掛け捨てを活用できるか検討するのも良いでしょう。都民共済なども掛け金が安いためおすすめです。
掛け金はくれぐれも無理しないようにしましょう。生命保険加入では貯金をかねて加入する人もいますが、解約しても元本割れしないタイプを検討するなど、加入前によく検討することが必要です。
保険については実に多くの種類があります。月額だけではなく、100万円や200万円をまとめて最初に支払い貯金のかわりに運用するといった手もあるので、そのような活用も検討してみるといいでしょう。

■おすすめ記事
妻の生命保険はいくらで設定するのがベストか?
知っておきたい9種類の医療保険制度
地震保険は加入すべき保険