国債を買ってみよう

投資をしてみたいと思っていてもリスクが怖くてなかなか手が出せないといった人もいることでしょう。そうした人はまずは国債購入を検討してみてはどうでしょう。国債は個人向け国債などの商品もあります。

個人向け国債とは

国債は皆さんも名前はご存知かと思います。国債は国が発行しているのであり、元本を国が保証するといった制度でもあります。個人向け国債は個人を対象にした国債であり、こちらは購入しやすい商品となっています。国債を買うことで国にお金を貸し出すことになり、国債が手元に届くと借用書が届いたイメージとなります。
国は国債を発行してお金をどう使うのかというと、公共事業などに充てます。国債はお金を貸す、すなわち利息がかかるシステムなので、国債発行者には利子を支払うこととなります。返済期限についても設定されています。これが国債の満期日にあたります。
個人向け国債は半年ごとに利子の支払いがあります。この点もメリットがあることでしょう。
利子は年に2度受けることが可能であり、最低金利保証となっています。2019年10月現在最低金利保証は0.05%となります。なぜこうした設定があるのかというと、現在も低金利が続いていますが、適用金利で設定するとゼロやマイナスになることもあるためです。国債を購入するとゼロあるいはマイナスになるといった恐れがあっては国債の普及は進まなくなります。また変動型と固定型があるのでこちらで保証を受けることも可能です。
変動金利は適用金利が半年ごとに変わります。現在は超低金利運用のため変動金利はあまり期待できません。
日本の国債購入の場合、日本政府が滅びることにならない限り保証が続きます。日本も財政難など言われていますが、一般の金融機関よりも補償は手厚いと言えるでしょう。

大和証券では1万円から国債購入が可能

国債はいくらから購入が可能かというと大和証券では1万円から購入可能となります。購入金額は上限がないため3万円でも10万円でも1億円でも可能です。この募集は毎月期間設定がされているので、その期間内に購入手続きを行いましょう。国債は半年ごとに利子を得ることができるので6か月毎月購入の場合、毎月利子を得られる計算となります。毎月コツコツ国債を貯めてみるのも良いでしょう。
大和証券を利用する場合、インターネットで購入可能です。インターネットでの利用をしたことがない方はこの機会にチャレンジしてはどうでしょうか。自宅で手軽に操作でき、購入なども簡単にできます。
国債のリピーター率は50%を超えており引き続き人気です。何か貢献したいといった人は国債を購入することで国の活性化に貢献することも可能です。
投資で大事なのは長期継続すること、そして投資額を増やすことです。毎月いくらと決めて投資額を増やしていくことでリターンも高くなります。

日本国債の利回り状況

国債購入を検討している人は利回りについても気になるところです。まずは個人国債の商品について紹介したいと思います。
個人国債は大きく分けて3種類の商品があります。
① 固定金利3年満期型
② 固定金利5年満期型
③ 変動金利10年満期型
この中でも特に人気なのが変動金利10年満期型です。こちらは変動10と呼ばれています。なぜこちらが人気かというと長期金利が上昇した場合、66%ほど連動するからです。もちろん元本割れの心配もありません。
2019年現在超低金利政策が続いていますが、緩やかながらにこの傾向は回復することが予想されます。その他の商品についても1年以上保有すると元本割れはしないためおすすめです。
個人向け国債は低金利が続いている状況にも関わらず引き続き人気となっています。なぜこんなに人気かというと投資商品としても優良商品だからです。
ローリスクローリタンという言葉がぴったりなのが国債ですが、安全にお金を運用したい人におすすめの商品であり、国の保証というのも大きなバッグボーンになっています。
日本の財政状況は赤字が続いており、その点を心配されている方も多いかと思います。政府の財政が破綻する場合、それより前に銀行が破綻することが予想されます。1番最後が国と考えた場合、国債は安全な商品と言えるでしょう。
国債について誤解をしていた方もいるかと思います。安全面でかなり優れている国債をまずは購入してみるのもおすすめです。

■おすすめ記事
公社債投資信託の活用
バランス型投資信託(バランスファンド)
投資で大事なのは「今すぐ始めること」