投資信託のおすすめ口座

投資信託を始めたい人はまずは口座選びからスタートするかと思います。口座についてもさまざまな口座があるので、どれにしていいか迷うといった人も多いのではないでしょうか。今回はおすすめの投資信託口座をご紹介します。

インターネット証券について

投資信託を始めるにあたって証券取引の口座開設は必須です。どこの証券会社に口座を開設するか迷っている人は次の観点から検討してみることをおすすめします。
1.インターネットでの金融商品購入に興味があるか
2.手数料を安く済ませたいか
この2点から検討してみるといいでしょう。
まずインターネットでの商品購入ですが、インターネットの取り扱いに問題がないことが前提です。パソコンやスマホ操作が苦手、よくわからないといった人はまず操作から学ぶ必要があるので、ハードルが高くなります。
次に商品購入をインターネット上で行うことに抵抗がないかどうかです。従来の証券会社の場合、スタッフの立ち合いのもと説明を聞いた上で商品購入となります。パソコンやスマホで購入の場合、完全に自己責任であり、自分で入金から取引を行うことになります。すべて自分で完結できるわけですが、こうした一連の操作を自分で行う必要があります。この点が問題ないかも大事なポイントです。
手数料についてはインターネット証券の口座の方が断然安くなっています。よってパソコンやスマホの操作ができ、自分で商品選びをすることが可能であり、手数料を安く収めたい人はインターネット証券がおすすめということになります。
スタッフと商品について相談したい、インターネットでの購入が不安といった人は手数料はインターネット証券よりも割高となりますが、従来通り大手証券会社の窓口で購入手続きを行うことをおすすめします。

証券口座選びは特徴を抑えることが大事

証券口座選びは特徴を抑えることが大事です。例えば銘柄数が多い証券会社や手数料が安い証券会社などさまざまな特徴があります。インターネット証券については全般的に手数料が安いこと、商品選びから購入まで自分で行うことが前提です。自分のスタンスに合わせて証券会社を選ぶといいでしょう。
とは言っても最初はどれを選べばよいかもわからないことが多いですし、どういったものかまずは試してみたいといった人も多いかと思います。そうした人は楽天証券やSBI証券など有名どころからチャレンジしてみるといいでしょう。
楽天証券とSBI証券は取り扱い銘柄数が多いのも特徴です。投資信託での利用ならこのいずれかがおすすめです。その都度お得なキャンペーンを実施していることも多いです。キャンペーンでお得な方から口座取引を開始するのも良いでしょう。銘柄は積立投資可のものやノーロード取扱銘柄などもあります。
その他、カブドットコム証券やマネックス証券なども取扱数が多くなっています。すでにこちらの口座をお持ちの方はこちらの口座で取引をスタートしてみるのも良いかと思います。

インターネット証券利用のデメリット

インターネット証券のデメリットについても抑えておきたいポイントです。どういったデメリットがあるのかご紹介したいと思います。
まずは自分ですべて判断して行動しなければならないといった点です。一見当たり前のように感じますが、証券購入の場合、証券会社の窓口でプロのスタッフに相談しながら購入を進めるのが一般的です。一方、インターネット証券は自分で商品を選び、購入手続きも含めて自分で行うことが前提です。ある程度慣れている、購入商品が確定している人は問題ありませんが、初心者には敷居の高い証券会社でもあります。初心者で投資に関する知識が全くないのであれば、手数料が高くても窓口がある証券会社利用がおすすめです。
次にインターネット環境についてです。インターネット環境はスマホユーザーもいればパソコンユーザーもいるかと思います。インターネット環境が整っていないと取引はしづらくなります。例えば外出先で購入するのはスマホやタブレット等のアイテムが必要となります。
セキュリティについても気を付けなくてはなりません。近年は乗っ取りなども多発しており、パスワードも定期的に変える必要があります。つい目先の手数料に目がいきがちですが、トラブル対策も含めてトータルで考える必要があります。
こうしたことからもインターネット証券を初心者が利用するには、十分気を付けて利用する必要があります。
ここではインターネット証券のデメリットを紹介してきましたが、店舗型の証券会社でもデメリットはあります。打ち合わせのために証券会社の店舗へ出向かわなくてはならない、手数料が高い、店舗営業時間内のみの利用が前提などです。

■おすすめ記事
公社債投資信託の活用
投資初心者は投資信託積立がおすすめ
インデックス自動積み立ては最強の運用か?