医師のメリットを活かすことができる不動産投資とは 

本業以外で収入を確保したい。将来に向けて資産形成をしたい医師に、今も昔も人気があるのが不動産投資です。会社員に比べると、国家資格である医師免許を持っている医師は、優位な状態で不動産投資ができます。そのため、何か投資をしたいと考えているのなら、不動産投資を検討してみましょう。

1.医師こそ不動産投資を始めるべき理由

例えば、不動産投資では多くの場合、銀行などから融資を受けて資金を確保します。不動産投資の場合、購入費用は2割前後が自己資金で、残りは融資を受けて購入するケースが多いです。そのためローンの審査に通り、資金を借りることができないと、不動産投資を始めること難しいと言えるでしょう。

医師は社会的に信用の高い職業です。そのため会社員などの他の職種に比べると、ローンの審査に通りやすく、かつ有利な条件で融資を受けられる可能性が高いでしょう。そのため、ローンの審査に通りやすい属性を活かすことができる不動産投資は、医師にオススメの投資の方法だといえます。

不動産を所有した場合、入居者の募集や管理などの管理業務が発生します。これらの管理業務のために時間を確保しなければいけません。しかし不動産投資の場合、これらの管理業務は不動産管理会社に委任します。他の職業よりも激務で時間の確保が難しい医師にとって、例えば飲食店などのサイドビジネスに比べると両立が可能です。

不動産投資の場合、管理業務などの実務面はほとんど委託することができ、賃料から手数料など引いた分を受け取ることができるため、運用面での労力が少なくすみます。このことからも他の投資方法や、副業に比べると不動産投資は医師にあっているといえます。

医師の年収は1500万円前後と言われています。リクルートドクターズキャリアの調査によれば、1000万~1500万円未満が32.1%。500万~2000万円未満が25.5%、2000万円以上が21.7%という結果でした。このように医師は他の職業に比べると、年収が高いです。

年収が高くなると生じる悩みが税金ではないでしょうか。

日本の所得税は累進課税を採用しています。そのため年収が高くなるほど、所得税が高くなり、医師の年収の中心の年収1500万円の場合の税率は33%です。サラリーマンの平均年収が500万円だとすれば税率は13%高くなってしまいます。

不動産投資をした場合、賃料収入が発生するため、勤務医で年末調整をしている方でも確定申告をしなければいけません。この時に税金の仕組みを上手く活用することで、節税することができます。投資信託や株などの他の投資では、不動産投資ほど節税の効果がないため、この点も高収入の医師だからこそ、不動産投資をした方がいいといえます。

2.不動産投資における医師の優位性

医師の年収は他の職業に比べ、明らかに高額です。そのため自己資金をある程度しっかりと準備することができます。自己資金を多く確保できれば、ローンの返済額を抑えることができ、キャッシュフローを出しやすいといえます。また、医師は社会的信用の高い職種のため、ローンの審査に通りやすく、有利な条件でローンを組める可能性が高いです。借入金利を抑えることができれば、その分返済額を抑えることができ、結果キャッシュフローを出しやすいでしょう。この点からも不動産投資において、医師は優位な条件でスタートできるといえます。

また、不動産投資を使い、節税することで、本業の収入に対する税金を抑えることができます。不動産投資の場合、不動産の購入費用やそれに伴う税金、火災保険などの保険料から物件のメンテナンス費用やローンの利息などは経費として計上できます。それだけでなく、通信費や交際費なども経費として扱うことが可能です。そのため、本業の収入と賃料収入の合計から、不動産投資にかかるこれらの経費を控除することで、結果的に所得額が少なくなれば、その分税率が下がり、その結果、所得税の総額を減らすことができます。この点からも本業の所得が高い、医師は不動産投資による節税効果の恩恵を多く受けることが可能です。

まとめ

資産形成の方法には投資信託や株式投資などいろいろな手段があります。その中でも、不動産投資は、所得が高い医師にとって優位な条件でスタートできる資産形成の方法だといえます。ぜひこの機会に不動産投資をスタートしてみてはいかがでしょうか?

■おすすめ記事
5Gで医師の仕事が変わる!遠隔診療を可能にする通信技術
医師の不動産投資に朗報!賃貸のニーズが上昇。10年で倍という結果に
【医師の不動産投資】今の資産価値と未来の資産価値で投資用物件をセレクト