おすすめ書籍「世界一やさしい株の教科書1年生」

以前、株取引の勉強をしたものの挫折してしまったという人もいるかと思います。株取引は専門用語も多く、把握するまで時間がかかります。そこで今回は株の勉強を始めたい人や再チャレンジしたい人向けに、「世界一やさしい株の教科書1年生」という本をご紹介します。

株取引は入口が大事

株取引ではまず入口が大事です。取引に興味があっても難しすぎると感じてしまうと足も遠のくかと思います。そこでおすすめしたい書籍がジョン・シュウギョウ氏の「世界一やさしい株の教科書1年生」という書籍です。こちらは口コミでも評判が高く、高い支持を得ている書籍でもあります。これから株取引を始めようと思っている人はもちろん、以前取引をしていたものの運用がうまくいかなかったという人はこちらの書籍をぜひ1度読んでほしいところです。
難しい用語についてもわかりやすく解説しており、チャート等は図で紹介しています。
ヘッジや逆指標、損切などいくつか覚えるべきポイントがあります。このあたりがあいまいだと取引がうまくいかないのでこちらの本で学習されることをおすすめします。
初心者にわかりやすく流れを自然に把握できる内容となっています。株でもその他の取引きにおいても同じですが、入口がスムーズだとその後もスムーズに進行できます。株取引についてぼんやりとした部分がある人はこの本で学習しなおしてみるのも良いでしょう。
もしこの本でもわかりづらいようなら、マンガタイプの書籍から読んでみるのもおすすめです。株取引関係のおすすめのマンガを挙げます。
・年金ロックンローラー内沢裕吉
・マンガでわかる株式投資!女子高生株塾
・株、FX、世界経済がマンガでわかる!新女子高生株塾
これらのマンガを読んでその上で「世界一やさしい株の教科書1年生」を読むとさらに理解できるかと思います。ぜひ検討してみてください。

ジョン・シュウギョウ氏について

世界一やさしい株の教科書1年生を執筆したジョン・シュウギョウ氏は書籍執筆の他に動画配信やセミナーを開催しています。そちらに参加するのもおすすめです。
動画配信についてはユーチューブで無料公開しているのでぜひ見てみるといいでしょう。内容もわかりやすく丁寧に説明がされています。本での内容をより分かりやすく説明しているイメージです。
ジョン・シュウギョウ氏はTBL投資アカデミーという教室も運営しています。こちらの教室では投資について学ぶことができ大変有益です。
ジョン・シュウギョウ氏も自ら講師として檀上に立ちセミナーを開催しています。内容のわかりやすさやトークの面白さなどから大変人気のセミナーとなっています。
2019年6月15日には日経Wアカデミーの「お金の学校in福岡 投資力アップ編」で講演を行っています。この内容では投資をしている人に定番の「日経新聞」について触れています。投資をする人は日経くらい読みましょう、とよく言われますが、いざ読んでみると株の上下はわかってもその他はあまりわからないといった人も多いかと思います。
ジョン氏は日経新聞の具体的にどういった箇所を読み取るべきかという点に焦点を置き、レッスン1では日本経済新聞を活用した情報収集と個別銘柄の見つけ方を説明し、その後レッスン3では投資の戦略思考法について解説しています。このようになかなか聞きづらいポイントをわかりやすく一連の流れで説明してくれるのがジョン・シュウギョウ氏の強みであり人気の秘訣でもあります。

TBL投資アカデミーの活用

TBL投資アカデミーでは初心者もわかりやすく株取引を勉強することが可能です。TBL投資アカデミーでは体験セミナーやベーシックコース、上級会員、インターネット会員、DVD会員などさまざまなコースを用意しています。まずは体験セミナーから始めてみてはどうでしょうか。体験セミナーは東京校と大阪校で開校しています。2時間程度のセミナーとなっているので予定が合う人はどういったものか1度参加してみるといいでしょう。
株取引は書籍を読んだり、セミナーに参加するなど自発的な勉強が不可欠です。逆にしっかりした内容習得ができれば運用もスムーズに行えます。

■おすすめ記事
おすすめ書籍「お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計」
投資初心者におすすめの書籍ベスト5
気軽に始める3,000円投資生活なら楽天証券