WealthNavi for イオン銀行なら投資が簡単に

ウェルスナビについては人気の高い投資の1つで、イオン銀行と連携して利用すること可能です。今回はイオン銀行のウェルスナビについて紹介します。

ウェルスナビ(WealthNavi)とは

最近では投資にAIの活用が盛んにおこなわれています。ロボアドバイザーの運用といった言葉を耳にしたことがある方も多いことでしょう。ウェルスナビはAIを用いた投資の1つであり人気の高い投資でもあります。なぜウェルスナビが人気かというと国内株式だけではなく海外分散投資も実施しているからです。投資はもちろん全自動で、自動的に投資を行ってくれます。
海外に分散投資をすることでさらにリスクを抑えることが可能であり、安定した運用が期待できます。
例えば株式投資などはまずはどこの株を買うかから選択しなければなりません。株購入の銘柄選択は初心者にとってハードルの高い内容です。どれがいいか選ぶには株式状況を熟知していないと難しいことです。またいつのタイミングで購入すればいいかも課題の1つです。そしてどのくらい買えばいいのかも自分で選択しなければなりません。これらの壁1つにでもぶち当たるとそれこそ投資から遠ざかってしまう危険性があります。
その点ウェルスナビはすべて自動で行ってくれます。必要なのは資金の用意のみです。あとは自動でやってくれるので労力がかからず投資ができるシステムです。

イオン銀行の活用

イオン銀行の口座をお持ちの方も多いことでしょう。イオンはネット銀行としてもおなじみで利便性の高い銀行でもあります。ウェルスナビをイオン銀行で行いたい人はWealthNavi for イオン銀行というものがあるのでこちらの活用がおすすめです。WealthNavi for イオン銀行ですが、サービス内容についてはウェルスナビと同じとなります。また運用についてもほとんど同じです。ではイオン銀行で取引を行うメリットはどういったものかというと、イデコや積立NISAなども利用できるという点です。複数の投資をしている人は管理も大事です。複数の銀行を利用するならイオン銀行1つにしてしまった方が管理も楽になります。この方法だと入金もイオン銀行に集中させればよいのです。
逆にデメリットはどういった点があるのでしょうか。デメリットはウェルスナビを長期で利用する場合、長期割の手数料割引が受けられないという点です。長期で運用をするならウェルスナビに切り替えを検討するといいでしょう。
おつりをそのまま投資したい場合は、マメタスの利用を活用することになるかと思います。その場合もウェルスナビ本体での利用が必要です。

なぜイオンが選ばれるか

生活シーンでもイオンの登場率は高いと感じている人もいることでしょう。イオン愛用者ならぜひ活用したいものの1つがイオン銀行です。なぜイオン銀行がおすすめかというとインターネットバンクのためオンライン上でさまざまな取引が可能だからです。
銀行でお金をおろしたり振込したりする場合、ATMへ行くなど時間と手間がかかりますが、そうしたわずらわしさがないのがインターネットバンクの特徴であり、取引も楽に行うことができます。
投資をしているユーザーからも熱い支持を集めている理由は取り扱いファンド数が250銘柄を超えているからです。銀行の中ではトップクラスの銘柄数となっています。ウェルスナビはもちろんNISAなども併せて投資したい人にピッタリなシステムです。
購入時手数料がお得なのも特徴で、ポイントについてもWAONポイントで還元されます。
WAONポイントは100ポイントごとに電子マネーとしてチャージできます。買い物などでも使えるのでぜひ活用したいところです。
WAONポイントが使える店舗はイオン、マックスバリュー、まいばすけっと、ミニストップ、ファミリーマート、マクドナルド、ビックカメラ、コジマ、吉野家、マクドナルドなどです。
身近な生活シーンでも活用できるのでポイントを貯めるつつ、イオン銀行を上手に活用したいところです。

■おすすめ記事
ウェルスナビの自動積立機能
ウェルスナビと積立NISAならどっちがおすすめ?
インデックス自動積み立ては最強の運用か?