初めての不動産投資。医師が安心して任せられる不動産会社とは

不動産投資に興味があって、まずは不動産会社に相談と考えても、どんなところなら安心? という思いからなかなか一歩が踏み出せないかたも多いのではないでしょうか。

たくさんの不動産会社がありますが、今回は医師が安心して任せられる、不動産会社の特徴をご紹介していきましょう。

不動産投資は医師に向いている投資商品

高齢化が進む中、医師の業務量も増加傾向にあります。休憩時間になっても休みや食事がとれないことも日常茶飯事で、睡眠不足や疲れがたまった状態で患者さんと向き合う生活に慣れてしまったという方も多いのではないでしょうか。

また、医療行為にはそれなりにリスクも伴うわけで、さまざまなストレスやプレッシャーを感じながら仕事をこなしているというケースもあるでしょう。報酬推移も減額傾向、職場内の人間関係の複雑さなどに骨を折られている医師もいらっしゃるようです。

高い志を持ち、難関な国家試験をパスして医師になったにも関わらず、心も体もすり減らして毎日が過ぎていく・・・その割には報われない部分が多いというお話を聞くこともあります。

このように肉体を酷使して働いていらっしゃる医師の中には、投資などで確かな収入を確保しておきたいという方もいらっしゃいます。投資というと株式投資やFXが手軽に始められる代表的な例として挙げられますが、これらは景気に左右されやすい投資商品なので、日に何度も値動きをチェックする必要があります。こういう点から見てみると、医師には運用が難しい商品です。

一方不動産投資は、株やFXのように運用に時間が取られることがないので、医師にはおすすめの投資商品です。ベストなタイミングで売却すれば、キャピタルゲイン(売却益)は他の投資商品よりも多く得ることができるという点も特徴といえます。

医師に適した不動産会社とは

医師は信用のある職業のため、融資額の上限が比較的高いといえます。また、1階を医院にし2階以上を住居にするなどの活用方法も検討できます。ただし、このような医師としての前提や想定できる物件提案の幅が不動産会社にあるのとないのとでは、紹介してもらえる物件も大きく変わってきてしまいます。

下記に、医師が依頼するのに適した不動産会社の特徴を挙げますのでぜひ参考になさってください。

■医師向けのコンサルティングに長けている
医師の不動産投資に数多く関わっている不動産会社であれば、その知識や経験から医師にとって適切な提案をしてもらえることが期待できます。事例なども豊富なので、安心して任せることができるでしょう。

■医師向けのセミナーを開催している
初心者向け、投資家向けのセミナーなどは多く開催されていますが、医師に特化したセミナーを開催している不動産会社はそう多くはありません。セミナーに出席すれば医師と不動産投資といった、絞り込まれた情報が得られるだけでなく、同業者が参加するセミナーのため、医師としての悩みなどが共有できる機会も得られます。

■少人数で、講演時間が短いセミナーを開催している
医師の方へ向けたアンケートでは、「不動産投資のセミナーに興味はあるが参加したことがない」という人の割合は46%という結果が出ています。“参加したいが時間が合わない”“セミナーの時間が長いので参加できない”“具体的な話をしたいが大人数だとはばかられる”など、大人数で長時間のセミナーには医師が参加しにくいということが分かります。

これらの結果を受けて、少人数かつ短時間で医師向けのセミナーを開催している不動産会社があります。短時間なため1日に数回の開催が可能。ご自身に適した回に参加できるので、良心的といえます。

■ホームページや書籍などで医師向けの情報を発信している
不動産投資の記事やノウハウ情報は多く発信されていますが、医師に限定したものは頻繁に見かけるものではありません。医師向けのものであれば、医師としておさえておきたいポイントなども集約されているので、使い勝手もいいでしょう。また、そういった情報を発信している不動産会社であれば、医師の大変さや実情なども把握しているため、相談もしやすいといえます。

■物件選びから物件管理までワンストップで対応してもらえる
物件選びはA社、物件が決まったから管理はB社となると、それぞれの会社選びに時間を取られることになるので、少し面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。中には、物件選びから管理までをワンストップで行ってくれる不動産会社があります。管理やメンテナンスの手間を省くという面でも、ここは外せないポイントといえるでしょう。

医師業界を熟知した不動産会社なら安心

医師の不動産投資といっても、勤務医と開業医とは注意ポイントが異なりますが、医師業界を知らない不動産会社であれば同様に扱われてしまう可能性があります。今回の記事でご紹介したような選び方の基準を参考に、適切なアドバイスが受けられる不動産会社を選んでください。

■おすすめ記事
不動産投資家医師インタビュー【第1回】-沖縄在住勤務医編-
医師が知っておきたい。不動産投資に必要な指標
2020年後の不動産の流れはどうなるのか?