医学部予備校について

医学部へ入るにはかなりの勉強量が必須であり、多くの人は途中で挫折しそうになることもあります。そこを乗り切るためには良い予備校探しも大事なポイントです。長時間勉強に耐えられるモチベーションのもと指導してくれる予備校を探している人もいることでしょう。

医学部受験【富士学院】

医学部受験で国公立医学部医学科の受験を希望される人から支持を集めているのが、富士学院です。富士学院の実績ですが2018年は164名が医学部に合格しており、そのうち89%が国公立の医学部に合格しています。
富士学院の特徴としては少数制で授業を行っています。また専用寮もあるので地方から寮に入り勉強する人も多くみられます。
ではどういった特徴の学校なのでしょうか。富士学院の特徴ですが、今できることを全力で行う予備校でもあります。また目の前の生徒にどういったことができるかと常に追求し、全力で行う教育でも定評があります。医学部医学科の専願者は307名ほどとなっていますが、その中でも164名を輩出している実力校です。
校舎は東京御茶ノ水校、東京十条校、名古屋校、大阪校、岡山校、小倉校、福岡校、鹿児島校にあります。
予備校というと受験生あるいは浪人生が通う場のイメージが強いのですが、富士学院は中学生や高校生も通っています。将来は医学部へと思っている方は中学生から通わせるのもおすすめです。医学部受験の準備は早い方がいいですし、費用的にも国立だと負担も大幅に少なくなります。
また何より医学部を受験したいという生徒がこぞって集まっている場なので、モチベーションを保ちやすいのも特徴です。子どもを富士学院に入れることで子ども自身も周りの環境に影響され、勉強の継続もしやすくなることが予想されます。

医学部受験専門個別指導【メディックTOMAS】

医学部受験専門個別指導【メディックTOMAS】は中学編入対策も実施しており人気の高い学校でもあります。医学科への合格は72名ほどで確かな実績を誇っています。
メディックTOMASは完全個別指導となっているので、生徒1人1人ペースで勉強に励むことができます。また集団授業ではないので生徒の志望校に的を絞り、オーダーメイドカリキュラムを実現できるのも特徴です。勉強面のサポートはもちろん、きめ細かいメンタルサポートも実施しています。集団授業は苦手だという人や個人のペースで授業を希望している人はメディックTOMASを検討してみるといいでしょう。
校舎は市ヶ谷本部校、横浜校、柏校、千葉校、津田沼校にあります。
90点前後から成績が伸びないと悩んでいる人はメディックTOMASでの勉強もおすすめです。メディックTOMASでは点数が伸び悩んでいる人からも高い評価を受けています。個人の理解が行き届いていない点をしっかり授業してくれるからです。どこが原因で点数が取れないのかという点を分析し、確実に点数が取れるよう授業展開をしてくれるのも魅力の1つです。
点数伸び悩みに悩んでいる方はぜひメディックTOMASを検討してみてください。

医系専門予備校【メディカルラボ】

医系専門予備校メディカルラボは中学受入編入対策も兼ね備えた予備校となっています。2018年のデータでは903名となっており確かな実績となっています。ここの学校の特徴は個別カリキュラムです。個別カリキュラムではプロ講師と1対1の個別授業です。
医学部受験に役立つ受験情報誌の発刊や独自の模試についても実施しています。研究した教材となっており受験にも有意義に活用できます。メディカルラボは校舎の多さも魅力の1つです。
北は札幌校、仙台校、さいたま校、千葉柏校、千葉津田沼校、東京お茶の水校、東京新宿校、東京池袋校、東京立川校、町田校、横浜校、藤沢校、静岡校、名古屋校、金沢校、京都校、大阪梅田校、大阪なんば校、あべのハルカス校、神戸校、岡山校、広島校、松山校、小倉校、福岡校、熊本校、鹿児島校です。地元にあればメディカルラボを検討するのも良いでしょう。
メディカルラボは一般入試はもちろん、推薦入試についても詳細のデータを取得し、志望校にあった指導を実施しています。全国のあらゆる医学部のデータがあるといっても過言ではありません。
時事通信社発行の全国医学部最新受験情報は必見の情報であり、大学ごとに出題傾向などを分析し対応しています。これも合格率の高さに通じています。医学部受験ではいかにして受験先の学校の情報を得るかも大事なポイントです。
メディカルラボは独自に研究した私立医学部模試や大学別実力判定テストを実施しており、こちらについても高い評価を受けています。

■おすすめ記事
医師育成【東大生は公文式をしている子が多い】
英語教育は家庭学習が大事
子供に身につけさせたい絶対音感