医師育成【学研+公文式のテキスト活用もおすすめ】

医師育成は幼少期から勉強をスタートさせるのがベストです。幼少期に用いるテキストとして、市販の学研や公文式のテキストもおすすめです。

学研の教材

学研は古くから人気の教材です。学研は学研の教室として教室展開をしていたり、学習ゼミやチャレンジなどさまざまなものがあります。幼少期であれば「こどもちゃれんじ」もおすすめです。
「こどもちゃれんじ」はしまじろうのキャラクターを主体とした学習や知育、しつけなど盛りだくさんとなっています。勉強も含まれますが、生活習慣を含めたあらゆることといったイメージです。また勉強という位置づけではなく、毎月届く絵本のような感覚で楽しみながら学習できます。
「こどもちゃれんじ」ではDVDや本、テキスト、付録など年齢とタイミングにあわせて毎月届きます。1年契約だと1か月あたり2000円程度です。小さな子供が毎月「こどもちゃれんじ」が届くのを心待ちにしているケースも多く、試しに与えてみるのもよいでしょう。
しまじろうやその仲間たちとの物語や独自の構成が子供たちの興味を引く内容となっています。そこに勉強や知育、しつけなども盛り込まれており、自然と色んな事を覚えるのも魅力です。ただし医師育成でしまじろうの「こどもちゃれんじ」だけでは勉強量として到底足りません。しまじろうのチャレンジは趣味兼日常教育の一環として与えるのがおすすめです。
その他学研の教材の市販テキストがあります。こちらもあわせて学習させるといいでしょう。
テキストは何種類かをまぜて利用するのもおすすめです。子供の興味は15分程度のケースも多いので、ずっと同じものに取り組ませるより5分から10分程度で勉強内容を変えて、毎日繰り返すほうが学力が付くことも少なくありません。子供の性格にもよるので各家庭でアレンジしてみるといいでしょう。大事なのは興味を持たせることです。

公文式の教材

公文式は世界各国で人気の教材であり、多くの人が1度は触れたことがある人も多いのではないでしょうか。公文式は教室展開や通信、テキスト販売などを行っています。公文式は毎日少しずつコツコツ勉強する方法で確かな学力をつける学習法です。日本でもっともメジャーな学習塾でもあります。
公文式は医師育成も人気が高く、幼少期から通っている子供も少なくありません。幼少期はテキストが限定されており、学習塾を含めあまり多くないことから選択肢も限られるという事情もあります。しかしながら東大生の多くが公文式をやっていたというデータもあり、確かな実績のもと運用されています。
医師育成を希望している場合、3年生までに公文式のF教材を終了させるのが1つの目標です。まずはそこを見据えて検討してみてはどうでしょうか。
4年生からは学習塾がおすすめです。医師育成では私立中学からの受験者が多く、王道となっています。公文式をなんとなくやらせるのではなく、医師育成の場合は明確な目的をもって習わせるといいでしょう。

家庭学習について

医師育成のためにどこの塾に入れるか迷っている方も多いことでしょう。高い学力が必須の医師は塾通いも大事な問題です。しかし塾に通っていれば必ず学力が伸びるというのは当てはまらない場合もあるので注意が必要です。特に幼少期は家庭学習が何より大事となります。
幼少期は集中力がなく興味があるものは継続も苦になりませんが、多くの子供が集中力の継続が大変な傾向にあります。ではどうしたらいいのかというと、お母さんが子供の隣に座って一緒に学習を進めるのがポイントとなります。
お母さんと勉強をするということで子供のストレスも軽減されますし、勉強の時はお母さんと一緒に進めるものだと子供自身も認識します。またこうした学習を繰り返すことで子供の学習習慣も自然と身に付きます。
子どもの性格によってはなかなか落ち着いて学習するのが難しい子もいます。そうした子こそお母さんが向き合って学習を進めることで少しずつ学力が伸びます。
時代の流れもあり塾に通う家庭が多いですが、市販のテキストを使って家庭で勉強することもおすすめです。教材は大体同じような内容となっています。あとは取り組み方と管理が大切です。
医師育成は幼少期から4年生までの学習が第一ポイントとなり、ここをクリアできないと高い学力維持は難しいのでこの間でしっかり勉強する習慣を身に付けましょう。

■おすすめ記事
医師育成【そろばんで計算力をアップ】
医師育成【タイで短期英語留学「Scholars International School」の活用】
医学部予備校について