【日本長者番付第4位】サントリーホールディングスの佐治信忠氏について

ウイスキーやジュースなど飲料水メーカーとしてもおなじみのサントリーはみなさんもご存知のことと思います。サントリーを支える佐治信忠氏は日本長者番付第4位に君臨しています。サントリーの代表でもある佐治氏はどういった人物かご紹介します。

ソニー商事に勤めていた佐治氏

佐治信忠氏はソニー商事に勤めていたことがあり、異色の経歴の持ち主です。サントリーは同族会社であり佐治氏は2代目社長佐治敬三氏の長男として1945年11月25日に誕生しました。生まれながらにサントリーを継ぐべく生を受けた人物と言っても過言ではありません。佐治氏は兵庫県生まれで甲陽学院高等学校を卒業後、慶應義塾大学経済学部に進学します。その後1971年にカルフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院修了しています。こうした経歴もあり英語も堪能です。
そして同年、ソニー商事に入社します。その後1974年にサントリーに入社します。3年間は他の企業で修業をと考えていたのかもしれません。その後1989年3月にサントリー副社長となります。
多彩な佐治氏は副社長だけではなく日本ワイナリー協会会長就任や日本洋酒酒造組合理事長就任も行っています。また2002年3月にはサントリー会長も兼任しています。会社を継ぐというだけではなく新しい発想の取り入れにも積極的な人物であり、そのあたりも高く評価されました。また2002年5月に社団法人総合デザイナー協会理事長就任しています。さらに2003年8月はビール酒造組合会長代表理事就任を果たしています。
精力的な活動が伺えますが、2009年にサントリーホールディングス社長に就任し、2014年10月にはサントリーホールディングス会長となります。2019年現在御年73歳ですが現役バリバリの仕事ぶりです。
長者番付では第4位ですが日本の富豪ランキングでは第3位となっています。総額資産は1兆8850億円です。1位はソフトバンクの孫氏、2位はファーストリテイリングの柳井氏となっています。
実家が裕福ということもありますが、佐治氏の年代で海外の大学経験があるのは珍しい経歴です。日本のみながらず世界を見据えたものの見方も今日の成功につながったと考えられます。

「やってみなはれ」精神

佐治氏の名言と言えば「やってみなはれ」です。佐治氏は常にやってみなはれ精神で業務に打ち込んできました。
佐治氏は松下電器産業の松下正幸氏と対談したときに次のように語っています。
“「やってみなはれ」精神を発揮し続けるかが大切”
やってみなはれとはまずはやってみよう、新しいものにチャレンジし続けようという意味があります。どんな状況下でもくじけることなくチャレンジすることを推進している言葉です。日本人は遠慮しがちでどうしても周りの目を気にしたり、妥協しがちです。とにかくやってみるというのは当時は特に斬新なスタイルだったのではないでしょう。
何かをやってみることは苦労の連続ですし、恥をかくことも多いです。周りは「どうせだめだろう」と冷ややかな目で見ることも少なくありません。それでもめげずに前を見てやってみるのはもちろん容易なことではないですし、挫折の連続でもあります。
サントリーホールディングスをグローバルな会社にしていくことを目標とし、社員に対しても「やってみなはれ」という言葉をかけたと言います。グローバル化を進めていきたいという狙いもあり1回目がダメであっても10回やってみること、100回目がダメでも1000回やってみることなど、とにかくやり続けることを推進しています。

佐治氏の改革

サントリーはまさしくウイスキーの先駆者です。サントリーはもともと鳥井家の名前がもとで名づけられた名称です。SUNは太陽、トリィは鳥井という意味があります。初代社長は鳥井信次郎氏という人物です。
佐治氏は1979年にサントリーインターナショナル社長に就任したわけですが、販売が飲み悩んでいたウイスキーの販売資源をメロンリキュールに充てる決断をしました。これが成功し、アメリカでの輸入リキュールトップ5入りを果たしました。このころカクテルなども流行り、ブームの火つけやすくなったわけです。お酒も時代とともにブームがあります。
またペプシの販売を手掛けたのも佐治氏です。今ではどこでも見かけるペプシですが、佐治氏が米ペプコムを買収し、そこから世界に進出を手掛けます。
佐治氏の改革は既存の商品にとらわれず新たな商品を取り入れ、グローバル展開を成功させたという点です。ここでもやってみなはれ精神が伺えます。
それが現在も社員全体のグローバルなビジネス感覚や能力に繋がり、グローバル企業として成長を続けています。

■おすすめ記事
金融庁最強と言われた元金融庁長官とは
美術の教養はエリートの常識!アートコレクターが増える理由も
科学的に正しかった『失敗は成功のもと』で組織を成長させよう