【日本長者番付第6位】光通信の重田康光氏について

日本長者番付でもおなじみの重田康光氏ですが、ITバブルの牽引者としても有名な人物です。成功の証でもありますが、さまざまな経験をされた方でもあります。

光通信の重田康光氏の経歴

重田康光氏は1965年2月25日生まれの東京都出身で、弁護士一家であることも有名です。重田氏の父親と兄が弁護士でもあります。巣鴨高校卒業後は、はり灸の専門学校へ進学します。しかしながらすぐに退学してしまいます。またその後、日本大学経済学部に入学します。こちらもすぐに退学してしまいます。どちらの学校もなぜ退学したのかは不明です。
退学後は電話加入権の販売をする企業に就職します。そして1988年2月に株式会社光通信を創立します。事業内容は現在のKDDIの契約取次を行う代理店として事業を開始します。KDDIの契約を取り付け、1件の契約につきいくらといった形で報酬を得るサービスです。
その後携帯販売に事業転換をします。これが大成功し、1996年には最年少31歳で株式公開を行います。また34歳の時に東京証券取引第一部上場を果たします。1999年には世界第5位の富豪として紹介されたこともあり、250億ドルもの個人資産を持っていることが発表されました。1999年にはソフトバンクの社外取締役にもなっています。
2000年3月に文春によってインセンティブ受け取りの大量架空契約が発覚し、最高値24万円だった株価が3600円台まで下がるという急落を経験しました。その後は事業再建に力を入れてシャープの複写機販売やリースなども行っています。このように紆余曲折を経て再び復帰を果たした企業でもあります。

タイで大量代理出産をした重田氏の長男

2014年8月に重田氏の長男がタイで大量出産させたニュースが話題となりました。長男は毎年十数人子供がほしいと語っており、タイの他にもインドなどで出産させたと話題になっています。代理出産で出産させたとみられています。
代理出産をしてくれた人には報酬として100万円ほど渡していたそうです。その他体外受精などの費用を含めると6千万円以上つぎこんだのでは、と言われています。
重田氏の長男は光通信の株を所有しており、100億円は超える資産を有しているそうです。
その後ですが重田氏長男はDNA鑑定で実の父あることが証明され、経済力もあり人身売買ではないことから13人の子供の親権を得て、日本とカンボジアで子育てをしているそうです。

世界を激震させたパナマ文章

日本でも連日のように報道されましたが、パナマ文章の中には重田康光氏の名前もありました。このことに対して光通信は「会社としてコメントすることはありません」と発表しています。
日本の長者番付ランキング者が続々とパナマ文章に名前が出てくるわけですが、租税回避のための処置であったことが疑われています。
日本は収入が多い人ほど納税額も多く収入の半分が税金といった人もいます。そうした人は海外などにルートを作って税金対策をしている例があります。
息子の代理出産やパナマ文章などさまざまなことで話題になっている重田一族ですが、今後も展開から目が離せない企業でもあります。

■おすすめ記事
【日本長者番付第4位】サントリーホールディングスの佐治信忠氏とは
【日本長者番付第5位】楽天の三木谷浩史氏について
世界の一流経営者は朝型生活が基本