子供に身につけさせたい絶対音感

子供に身につけさせたいことは多数あるかと思います。学力、語学、スポーツ、知力、思いやりなどあげたらきりがないといった人も多いのではないでしょうか。
絶対音感というものを聞いたことがある方も多いと思います。絶対音感は7歳未満まで養うことができるもので、ぜひとも身につけておきたいものの1つです。

絶対音感とは

絶対音感という言葉を初めて耳にする方もいることでしょう。絶対音感は音の高さを記憶して、絶対的に認識できる能力となっています。具体的にはドレミファソラシドの音を記憶しており、音を聞いたときに聞き分けることができる能力です。この能力は7歳未満までの子供でないと養うことができないと言われています。
どういった人達が身につけているかというと、幼少期にピアノやバイオリンを習っている人達が多いのが特徴です。
絶対音感は特別な能力がある人でないと身につかないと思っている人も多かったのですが、絶対音感は7歳未満の子供が訓練すれば通常の学習同様に身につくものです。
音を聞くだけで音名と階名表記を言えるのが絶対音感であり、その後の研究で絶対音感を身につけている子供はIQが高くなりやすいというデータもあります。
現在、子供の習い事にピアノを習わせるのはごく当たり前になっています。最近では女の子だけではなく男の子もピアノなどを習うケースが増えています。
絶対音感はピアノを普通に習うといった形で身につくこともありますが、音符の暗記や音の確認をしないとなかなか身につかないことが多いものです。小さいころからピアノを習わせているから絶対音感が身につくと思ったら、それは間違いなので気をつけましょう。
訓練方法はそんなに難しくないので母親でも実践できます。絶対音感に関する書籍も販売されているのでそちらを参考にしてみるといいでしょう。

実践したい音楽教育

音楽は世界共通と言えます。世界各国で多くの人が音楽を楽しみ、日常生活においてもあらゆるところに存在しています。
音楽は子供への教育としてぜひともチャレンジしたい分野です。子供への教育となると勉強の方に集中しがちですが、音楽の教育は心を豊かにしたり、他のことにつながる大事なポイントになる可能性があるからです。
例えば一流大学の学生を見てみると、勉強だけではなくスポーツや音楽、絵など何か他のジャンルにもたけている人が多くみられます。勉強を頑張ってきたのはいうまでもありませんが、その他の趣味に通じることも頑張ってきた姿が伺えます。音楽力をアップさせることは勉強力のアップにもつながるからです。

絶対音感がある子はIQアップにつながるというデータも

絶対音感が注目されている理由ですが、実例としてハーバード大学とジュリアード大学院を首席で卒業した大分県出身の廣津留すみれさんの例がありますので紹介させていただきます。
彼女は塾に通わず小学校から高校まで大分の公立校を卒業し、その後ハーバード大学へ進学した才女です。彼女は学業だけではなくプロのバイオリニストとして活躍するスペシャリストでもあります。学業もバイオリンもスペシャルな人材のすみれさんですが、彼女も絶対音感を持っている人物なのです。
絶対音感については近年更なる研究が進み、①訓練次第で7歳までの子供なら身につくこと、②IQアップにもつながるといった報告されています。勉強力をあげたいならぜひとも身につけてほしいのが絶対音感です。
音の感覚を脳で記憶し、結び付けるという作業ですがIQアップにもつながります。
音楽はさまざまなプラス効果が期待でき、音楽教育は欠かせない教育の1つです。
音楽教育の原点はピアノですが、その他の楽器でも脳の活性化に役立つので何か好きなものを活用して教育に役立てるといいでしょう。
XJAPANのYoshikiさんも絶対音感を持っている方です。Yoshikiさんは4歳からピアノをはじめ、音楽活動のため大学進学を断念したのですが、音大への推薦が決まっていたそうです。
このように天才と呼ばれる人たちは音楽との関わりが深く、現在も活躍している人が多数います。もちろん音楽だけではなく他のビジネスも成功されています。音楽や学業など並行して成功させるには頭の下地作りは欠かせないものの1つとなっています。

■おすすめ記事
富裕層が音楽教育を好む理由
海外富裕層の常識ボーディングスクール
教育投資は最大の節税効果