海外旅行は現地SIMの購入がおすすめ

海外で日本の携帯電話を使用して、莫大な請求額になった経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。ホテルやパブリックのwifiを使うなど工夫して、インターネットやメールを使用することもできますが、地図を見ながら目的地を目指すときやインターネット環境がない場合など、肝心な時に使えないことも少なくありません。長期滞在する場合、現地SIMを購入する方が便利でお得です。

SIMフリーの機種があれば海外旅行は現地SIM活用がおすすめ

最近の新しい機種ではSIMフリーのスマホも増えています。SIMフリーについてあまりよくわからない方もいるかと思うので簡単に説明させていただきます。
SIMフリーはSIMカードを利用して利用できる通信会社のサービスです。例えばドコモのSIMカードならドコモのサービス利用、ソフトバンクのSIMカードならソフトバンクのサービス利用、海外メーカーのSIMカードなら海外メーカーのサービス利用という形です。
日本の場合、通信会社主体で通信会社→SIMカード提供となっています。そのためあまりSIMカードの意識はないかと思いますが、SIMカード=固有の通信会社というイメージです。
SIMフリーになった現在、SIMカードさえれば世界のどこでも現地の通信会社を利用して携帯通話(インターネット通信を含めたサービス)を受けることが可能です。
デメリットはというと日本で利用している携帯の番号を利用できなくなるという点です。
海外でSIMカードを購入すると電話番号も現地の番号となります。日本との通話は日本の国番号である81をつけて国際電話を利用する必要があります。
このようにデメリットもありますが、スカイプやLINEなども利用できるので、インターネットが利用できれば問題なく携帯電話として活用できることでしょう。
海外現地のSIMカードは空港内で販売しているケースも多くみられます。まずはインターネットで情報収集してみてください。

長期滞在必見の現地SIMはパスポートで手軽に購入できる

リタイア後、海外にある程度の期間滞在したいといった人は海外現地SIMの調達をぜひ検討してみてください。海外現地のSIM情報についてはインターネットで多くの情報が出ています。
アジアの場合、空港で通信会社がSIMカードを販売しているケースも多く、パスポートがあれば手軽に購入できます。なぜパスポートが必要かというと、犯罪リスクに備えてです。
携帯電話は犯罪時に利用されるケースも多いため、番号管理をする意味でもパスポート提出を求められます。
1週間や1か月などの滞在向けに観光SIMが販売されているケースもあります。こちらも活用を検討してみるといいでしょう。
現地SIMの利用は現地での通話の他、日本への通話などでも活用できます。日本の携帯電話の場合、日本の通信会社を通じて携帯利用となるので通話料金が非常に割高になります。
仕事柄、日本の携帯電話も受けとれるようにしておかないと行けないという場合、現地用の携帯と2つ持つといった方法もあります。

タイ滞在の例

最近タイへ長期滞在する人も増えています。タイは日本人にとって暮らしやすく、またハワイの物価と比較して半分以下ということもありリタイア組の移住も増えています。タイはゴルフ天国なのでゴルフを楽しむ日々を送っている人もいます。
タイへの滞在ですが、タイへ滞在するなら断然タイで現地SIMの利用がおすすめです。タイではすでに通話とインターネットが利用できるプランタイプのSIMと自分で設定頻度を自由にできるSIMがあります。SIMの提供会社やルールによっても異なりますが、ツーリストSIMの場合、AIS提供のもので8日タイプだとインターネット3G、通話料100Bというタイプが299B(約1046円)、30日タイプでインターネット使い放題、通話料50Bというタイプで549B(約1922円)等があります。料金を見てわかるとおり値段が大変お手頃です。
このように設定されたプランもありますが、現地でSIMカードを50Bから100B前後で購入し、自分の利用頻度にあわせて料金を支払いカスタマイズすることも可能です。例えばインターネットを使い放題にして、通話を500Bほどに設定するなどといったこともできます。支払いは近くの電話屋でチャージしてもらうという方法です。タイではデパートや個人商店など至るところにそうした電話サービスがあるので気軽に利用できます。
もちろん月払いシステムやクレジットカード決済などのプランもあります。日本語対応の窓口もあるので気軽に相談してみるといいでしょう。

■おすすめ記事
大人数の家族旅行はLCCのセールをフル活用がおすすめ
ダイナースクラブカードは空港ラウンジが850ヵ所以上無料利用可能
リタイア後にぜひ実現したいパリ1か月滞在