医師育成【そろばんで計算力をアップ】

子供を医師にしたいといった家庭では幼少期からさまざまな習い事にチャレンジさせたり、独自の学習法を実践しているケースが多々あるかと思います。そろばんも再度注目されておりおすすめしたい学習です。

なぜそろばんなのか

そろばんは昔から利用されている計算法で商売をしている家庭では欠かせないものの1つでした。現在はパソコン処理が主流であり、そろばんを仕事現場で使う姿はほとんど見かけなくなりました。
そろばんは最近また注目度が高まっており、学習力を高める一環としてそろばんを習わせる家庭が増えています。そろばんが再度注目されるきっかけになったのは京大生の半分以上がそろばんを習った経験があるということも要因です。東大生の習い事などもたびたびピックアップされますが、公文式やそろばん、水泳、ピアノなどオーソドックスなものが人気となっています。そろばんはIQを高めるのにも有効されており、右脳を使うことでも話題となっています。
特に話題になっているのがそろばん塾ピコという塾です。こちらの塾は従来のそろばんとは異なり、IQアップのためのシステムとなっています。京大生のそろばん事情をキャッチフレーズに採用し、瞬く間に生徒が増えたという事例があります。
そろばんは全国で衰退事業になっている過渡期でした。そんな中、新たな目標設定で、瞬く間に全国チェーン展開を実現させています。時代とともに親が求めるものは少しずつ変化しています。こうした変化も見逃さないよう、気を付けたいところです。

情報が多すぎる医師育成教育

医師育成教育の特徴ですが、とにかく情報量が多いことです。習い事についても英語を習わせた方が良い、公文式がおすすめ、ピアノを習わせた方がいい、そろばんを習わせた方いいなど数多くの情報があります。確かに良い情報も多いのですが、親としてはあまりにも情報量が多いのでどれに手を付けていいかわからないというのが現状です。習い事についても子供のスケジュール調整も必要ですし、費用もばかになりません。
そろばんについては計算力が身につくのももちろんですが、地頭を良くするという意味で取り組みが期待されています。医師レベルの学力をつけるとなると学習量の多さはもちろんですが、頭の良さも求められます。もともと頭がいい子もいますが、環境や習慣で頭の良さを身に付けることは可能であり、学習の下地作りにも最適といえます。
医師育成教育はさまざまなものが実施されていますが、自分なりにどのルートで行くか子供の性質を考慮したうえで検討することが大事です。
ではどの情報を信じればいいのかというと、これも子供の性格などを考慮してやり方を工夫する必要があります。子供は100人いれば100人特徴があります。同じやり方ではうまくいくとは限りません。
一般的にもそろばんはおすすめです。また幼少期は公文式で学習を進めるケースが多くみられます。この2つで学習の基礎を固めるのもよいでしょう。

幼少期に勉強をする習慣をつけることが大事

医師レベルの学力をつけたい場合、幼少期から学習に取り組む姿勢が大事です。医師レベルの学力となると相当な勉強量が必要です。また中学については開成中学など名門校へ進学するのが前提となります。早い子だと幼稚園か小学校から受験対策をする必要があります。
そろばんや公文式などは学習の習慣を身に付けるうえでおすすめの習い事です。
子供は集中力がないのが当たり前なので、まずは学習する姿勢を身に付けるのがポイントとなります。
受験時ですが中学受験の場合、1日10時間以上の勉強時間が必要となります。ここで挫折する人も多いので、挫折しないように目標設定と取り組む体制を確実にしておく必要があります。
幼少期は吸収力も高く勉強にも最適な時期です。4歳あたりから公文式を習い始めるのもよいでしょう。
そろばんについては計算能力で役立ちます。医師になるには理系を目指す必要があります。数学についても問題なくこなさなくてはなりません。数学の基礎としてもそろばんは役立ちますし、早期学習の面からもおすすめです。
そろばんを始めるのにおすすめの時期ですが、1年生あたりからスタートするといいでしょう。2年生になると九九を覚えなくてはなりませんが、こちらについても事前に勉強しておくことで学習が楽になりますし、本人の自身につながります。
医師育成で大事なのは予習です。予習で学習を進めておけば小学校高学年の受験勉強時もそこまで苦痛を感じることなく学習に取り組むことができます。
勉強はなるべく嫌だと感じず付き合っていくことが大事です。学習の中でも楽しさを見出せるよう、ほめて子供を伸ばしてあげてください。

■おすすめ記事
医師育成は家庭学習こそ原点
医師育成【東大生は公文式をしている子が多い】
医師育成【タイで短期英語留学「Scholars International School」の活用】