今からでも遅くない!子供のためのプログラミング教室の選び方

2020年の小学校でのプログラミング教育が必修化されるにあたり、子供にプログラミングを習わせたいと思っている人も多いのではないでしょうか。その一方でどの教室を選べばいいか分からない人も多いと思います。そこで今回は子供のためのプログラミング教室の選び方を紹介します。

これからは女の子でもプログラミング教室に通う時代

プログラミング教育メディア「コエテコ」×船井総研が実施した「2019年子ども向けプログラミング教育市場調査」結果によれば、2019年の子ども向けプログラミング教育市場規模は 前年度から約 25.9%増加して114 億 2,000 万円と発表しています。また文部科学省で2021年から始まる大学入学共通テストにおいて、2024年以降のプログラミングを含む「情報科目」の導入の検討が進んでいることから、今後受験対策でプログラミング教室に通う女児が増えると予測が可能です。事実イー・ラーニング研究所が実施した2018年話題になった習い事、2019年にさせたい習い事はともに「プログラミング教室」が第1位でした。また将来お子様になってもらいたい職業は何ですかという質問に対しては、第1位が「経営者」、第2位は「プログラマー(SE)・ゲームクリエイター」です。これらの調査からも、今後ますます習い事としてプログラミングが男女共に当たり前になっていくと考えられます。

ソフト型プログラミング学習とロボット型プログラミング学習とは

プログラミング学習にはソフト型とロボット型の2種類があります。教室を選び場合、まずはどちらにするか選びましょう。ソフト型プログラミング学習とは、パソコン上のソフトを使用してゲームを作りながらプログラミングを学ぶ方法です。子供向けのプログラミングソフトとして代表的なものが、米マサチューセッツ工科大学が開発した「Scratch」、文部科学省が公開しているプログラミングやVisucuit(ビスケット)です。
ソフト型プログラミング学習はパソコンなどのデバイスとインターネット回線があれば、すぐに学習をスタートさせることができます。ただしロボット型プログラミング学習に比べて、より専門性が高いため教える側の専門知識がかなり必要です。
一方でロボット型プログラミング学習は自分で作ったロボットを、プログラミングを使って動かしながら学ぶ方法です。IoT(Internet of Things)に通じる教育として注目を集めています。専用のキットを使うため、子供の好奇心を刺激してくれます。ロボットの素材にはダンボールやブロックを使用したものもあるため、小さいなお子さんでも安心して使うことが可能です。ロボットプログラミング学習教材として代表的なものには、レゴブロックを使用したレゴWeDo 2.0。ダンボールのロボットを使ったembot(エムボット)があります。ロボット型プログラミング学習の場合、学習キットを購入する必要があるので、ソフト型プログラミング学習に比べると初期投資が高くなってしまいがちです。ロボットを使って学習するので、小学校高学年になってくると興味を示さなくなってしまう傾向があります。またロボットや教材によって学べる内容に差があるので、教材選びが重要です。このようにプログラミング教室を選ぶ場合は、ソフト型学習かもしくは、ロボット型学習のどちらにするか選ぶ必要があります。

プログラミング教室を選び時のポイント

プログラミング教室を選ぶ時の一つ目のポイントが子供の興味があるものや、やりたいことに合わせて選ぶことです。ゲームやロボットを作りたいのかによって、選ぶべき教室が異なります。そのため子供や興味がるものや、やりたいものが実現できる教室を選んでください。もしやりたいと思うことがない場合や、普段あまりパソコンに触れる機会がない場合は、Scratch(スクラッチ)など使用したプログラミングの基礎を学べる教室選びましょう。教室を選ぶ時は、多くのプログラミング教室では、無料体験教室を実施しているので活用するといいでしょう。
継続しやすいかも教室選びのポイントです。塾や他の習い事と合わせて、習いに行く時間が確保できるか確認しましょう。プログラミング教室の場合オフラインの教室だけでなく、自宅で学ぶことができるオンラインの教室もあります。オンラインの教室の場合、自宅で受講できるので続けやすいでしょう。

普段通うことが難しい場合はサイバーエージェントが運営しているTech Kids CAMPのように、夏休みなどまとまった休みの時に短期間で学ぶことができる教室もおすすめです。

まとめ

子供のプログラミング教育市場の拡大が進むにつれ、教室の数もどんどん増えていきます。プログラミングは今後ますます子供の習い事定番になっていきます。必修化に向けて、まだ間に合いますので、まずは無料の体験教室に参加することから始めましょう。

■おすすめ記事
教育投資は最大の節税効果
医師育成【学研+公文式のテキスト活用もおすすめ】
英語教育は家庭学習が大事