【医師育成教育】2歳から5歳までは頭脳の基礎を築き上げる時期

医師育成教育では頭脳の基礎についても大事なポイントとなります。100人いれば100通りの例があるわけですが、インプットによって基礎を作り上げることは可能です。今回は「医師育成教育2歳から5歳までは頭脳の基礎を築き上げる時期」というテーマで紹介します。

教育の早期化=基礎ではない

医師育成教育は高い学力をつけるためにどういった教育をするべきか、というのが大きなテーマです。小さいころから塾に通わせたり、早期教育に積極的な人もいるかと思います。もちろんこれは無駄ではありません。しかしながら2歳から5歳までは頭脳の基礎を気づき上げる時期であり、詰込み学習はあまり意味がないものになってしまうこともあります。
これは学習をさせるなという意味ではありません。脳の基礎作るには学習ではなく学習につながるサイクルが大事だという意味です。
ドーパミンサイクルという言葉を耳にしたことがある方もいることでしょう。ドーパミンサイクルは脳内神経伝達物質であり、楽しいことや喜びごとに対して分泌されるものです。
例えば積み木で家を作れてうれしかった!といった体験もドーパミンサイクルを関係しています。大人も子供もうれしいことや楽しいことはまた経験したいと思います。
このようにドーパミンサイクルを豊富に経験することができ、学習意欲につなげていければ集中力も付きますし、学力も伸びやすくなります。
運動や外遊び、日常体験も大事な基礎につながります。これらをのばすことからスタートしてみてはどうでしょうか。
ドーパミンサイクルをあげるために部屋についてもある程度散らかっているほうがいいというデータがあります。おもちゃなど興味があるものをいくつか出しておくのも良いでしょう。

笑顔は最高の魔法

子供と接していると四六時中、笑顔でいるのは難しいかと思います。子供は大人が想像しない突発的な行動や親にとってはやってほしくない行動をすることが少なくありません。特にADHDの傾向がある子供の場合、周りの目も気になることでしょう。子供が言うことを聞かなかったり、周りから嫌そうな目を向けられればうんざりするのは当然です。
いつの間にか笑顔は消え、ストレスがたまり子供を叱ってばかりするといったご家庭も少なくありません。
子供の経験や目から見えるものは脳とも直接関連しています。怒っている顔や不安そうな母親を見て育つのと、笑顔の母親を見て育つのとでは全く状況が異なってきます。
いつも笑顔でいることは難しいかもしれませんが、極力笑顔で接してみることを意識してみてはどうでしょうか。母親の笑顔を見て育った脳は自信にもつながりますし、おだやかな気持ちで過ごすことができます。

記憶のタイミング

医師育成教育で記憶は大事なものです。学力を上げる上で記憶がしやすい状態の方が圧倒的に有利です。そこで記憶について基本的なところから取り組んでみることをおすすめします。
まず記憶力が上がる方法ですが、同じことを短期間で繰り返すのではなく、長期スパンで繰り返した方が記憶に残りやすいといった傾向があります。ただし年齢が低い子供は記憶のスパンも短くなりがちです。それぞれに合った少し長めのスパンで取り組みを意識してみるといいでしょう。
例えば「あいうえお」の練習です。今日「あいうえお」を学習したら、翌日に「かきくけこ」を勉強するのではなく、軽い復習程度にします。そして4日後くらいに学習しなおしてみましょう。なぜこうした方法を提案するかというと、間をあけたほうが記憶の高いからです。
学習方法としてまずはア行とカ行の学習を進めていこうといった人が多くみられます。それよりア行、カ行、サ行、タ行と多めに進めていき、間をおいてから復習するのが良いでしょう。
また記憶については詰込み方式はおすすめできません。何かに関連付け覚えさせるのがベストと言えます。
記憶のタイミングも実体験から学習取り組みにもつながります。人間は自分の経験に基づく行動が多いので自然と効率が良い記憶のつけ方が身に付きます。

■おすすめ記事
医師育成【そろばんで計算力をアップ】
英語教育は家庭学習が大事
今からでも遅くない!子供のためのプログラミング教室の選び方