幼児教育知育アプリのおすすめ

子供を医師にしたいといった家庭では学習についても大きなテーマです。勉強時間をより多く確保することはもちろん、家庭学習環境構築もテーマの1つかと思います。

医師育成アプリ活用のすすめ

医師育成の勉強対策では幼少期からの塾通いや公文式、そろばんなどさまざまなものがあります。勉強となると塾やテキスト勉強を思い浮かべがちですが、それ以外にも勉強する方法はあります。その中でもぜひ取り入れたいのがアプリです。
携帯アプリは小さな子供たちでも気軽に行っている時代です。ゲームのやりすぎでスマホ依存症などの問題もありますが、やり方さえ間違わなければアプリは勉強でも役立つおすすめアイテムです。Youtubeの動画閲覧についても同じことが言えます。
なぜアプリがおすすめかというとゲーム感覚で勉強に役立つことがあるからです。例えば車や電車での移動中や勉強が終わってからのご褒美にアプリを活用するのもおすすめです。
アプリはさまざまなものがありますが、勉強に役立つものとしては知育系アプリがあります。
例えば幼児なら車の移動時間にひらがなのDVDを見せ、自宅の余暇で15分ほどひらがな知育アプリを見せるのもよいでしょう。テキストはもちろん大事ですが、余暇の遊びながら学習は非常に役立ちます。
医師育成にあたり最初の壁は中学受験です。中学受験では小学校4年生から1日6時間以上の勉強時間が必要と言われています。この勉強時間に慣れるためにも、テキスト学習以外に日常シーンで学習に向けさせるのがコツです。勉強が好きという子供はごくまれで、多くの場合、勉強はあまり好まないケースがほとんどです。そのためアプリ等を活用して楽しく学習するのが望ましいというわけです。

子供向け知育アプリ「ワオっち!」

幼少期の子供なら子供向け知育アプリ「ワオッち」がおすすめです。ワオっち!の開発は40年の歴史を持つワオ・コーポレーションが実施しています。ワオっち!はさまざまなアプリがありますがワオっち!ランドやタッチ!あそベビーなどダウンロードしてみるいいでしょう。
ワオっち!ランドは2歳から7歳向けの知育アプリであり、内容も充実しています。パズルや数、ひらがな、迷路など実際の学習でも役立つ内容がアプリのゲームとして楽しめる作りとなっています。大人もつい夢中になる素晴らしい作りが特徴です。
アプリの中には企業提携しているものもあり、サカイ引越センターや近畿日本鉄道などの文字も見られます。
その他知育系アプリも多数提供されており、有料のものから無料のものまでさまざまなものがあります。
昔では考えられないほどゲームも進化しており、学習手段としてぜひ活用してほしい内容となっています。3歳児でも自分でサクサクとスマホをいじれる時代なので、子どもの吸収力の高さには驚くばかりです。ゲーム=勉強の妨げといった考えは、もう古い考えと言えます。

数覚えも遊び感覚で楽しく学ぶ!

数を覚えるのに最適なアプリは何と言ってもワオっち!の中に入っている「しゃぼんだまいくつ?」です。このアプリではお風呂の泡をクリックして数字が出てくる仕組みとなっています。子供が数字を覚えたり、ひらがなを覚えるのは大変です。音と形で暗記してしまうのがてっとり早いでしょう。
しゃぼんだまをクリックし数字が出ると音として読み上げられます。耳からも目からも学習できる素晴らしいアイテムです。最初は10、それから20と数を増やしていき、まずは100まで数えられるようになるのを目的としたいところです。
3歳児の子どもに試しにやらせてみたところ、毎日15分、1週間程度で100まで数えられるようになりました。個人差があると思いますが、ゲームでコツコツ勉強できる素晴らしいシステムだと実感しています。
アプリを利用する前、数字の練習をとても嫌がっていた子で3歳なのに20までも数えられないと担任の先生から苦情が来た子です。このように勉強といった形で覚えるのが難しいなら、アプリで覚えてしまうというのも1つの手段です。
ひらがなについてもワオっち!アプリで楽しく勉強できます。この機会にアプリを取り入れてみてはどうでしょうか。アプリですがスマホよりもタブレットがおすすめです。目が悪くならないよう、大きめの画面で15分など時間を決め、親が隣についてやらせるのが基本です。ほおっておくと何時間でもアプリに夢中になるのでその点は注意しましょう。

■おすすめ記事
【医師育成教育】2歳から5歳までは頭脳の基礎を築き上げる時期
非課税!最大1500万円までの子供や孫への教育費贈与
プログラミングを学ぶことで身につく5つの能力