幼稚園入園前のプレスクールに通わせるべき?

幼稚園入学前にプレスクールに通わせる家庭も増えています。プレスクールがどういったものかよくわからないという方もいることでしょう。今回はプレスクールについて説明していきます。

プレスクールとは

教育の早期化が進んでいる中、プレスクールは幼稚園に入る前の準備のために通うスクールです。現在幼稚園は3歳から入園となっています。3歳から通うことになる幼稚園ですが、幼児の場合特に4月生まれと3月生まれでは大きな差があり、月齢を心配して少しでもみんなについていけるようにと通わせるご家庭もあるようです。
プレスクールは未就学の子を対象に幼稚園を知ってもらい、幼稚園に慣れてもらうことを目的にレッスンする場です。回数や費用はまちまちとなっています。
まずは親子参加からスタートする例がほとんどです。はじめての幼稚園では親と離れるというのが1番のストレスとなります。そのため慣らし保育などがあるわけですが、親が一緒にいる安心感のもと幼稚園に慣れてもらうというのが目的の1つです。
その後は子供のみの参加となります。スクールではリトミックや外遊びなども取り入れられます。
またバス通園を取り入れているところもあります。幼稚園に通うのにバス通園のところも多くみられます。プレスクールに入れるのは大体幼稚園入学前の1年くらい前からです。
最近では幼稚園でプレスクールを設定しているところもあります。プレスクールを開催しているかも訪ねてみるといいでしょう。
申し込みは4月入園に向けて大体1月から4月の間が多くみられます。人気のプレスクールはすぐに埋まってしまうので、早めの申し込みがおすすめです。最初は母親も一緒に通わなければならないので仕事をしていない人でないと難しいかもしれません。

プレスクールに通った人たちの感想

プレスクールに通った人たちの感想を紹介したいと思います。まずは良かったという声です。良かった理由としては子供が少しずつスクールに慣れてきた、家でできなかったことができるようになったといった声です。
一方通うのが大変だったという声もありました。大変だった理由としては、下の子がぐずってあやしながら見るのが大変だった、また子供がプレスクールに通うのを嫌がって大変だったという声もあります。幼稚園でもそうですが、子供は最初通うことに抵抗をしめします。中にはすぐに慣れて問題ない子もいますが、大概母親から離れて慣れない集団生活はストレスの原因となり、慣れるまで時間がかかるものです。
幼稚園に入園するのは3歳で少しずつ先生の指示を聞き全体行動もできてきますが、2歳だとそうした行動があまりできません。その点でも戸惑いがあることでしょう。親としたらまだ小さいのにかわいそうだという思いもあるかと思います。

結論プレスクールはおすすめ

結論からいうとプレスクールはおすすめです。なぜプレスクールがおすすめかというと、3歳より前に集団生活を始めた子は引きこもりになりにくいといったデータがあるからです。
幼稚園を前提に検討している家庭では、3歳以降からの入園となります。もう少し前は4歳からの入園でした。それが3歳になった理由としては社会性を身に付けるために4歳より前に通わせた方がいいというのも理由の1つです。
日本では古くから3歳神話が根強いです。確かに子供は母親が大好きですし、家でのんびり過ごすことも大事です。しかし公共の場に早くから出た方が社会性が身に付きやすいですし、人見知りの激しい子でもいずれ社会に出なくてはなりません。
幼稚園に入れたものの嫌がって通わせるのが大変だったという子供もいます。母親といないと不安でダメだという心理は外部との接触不足が原因になっていることもあります。
本来母親と子供には多少離れていても一緒だという安心感が必要です。それがなされていないと幼稚園に通うのが大変なケースもあります。
プレスクールに入れるか迷っている人はぜひ前向きに検討してみてください。集団生活は子供たちにとってプラスになることでしょう。

■おすすめ記事
医師育成【そろばんで計算力をアップ】
富裕層が音楽教育を好む理由
子供の学力は教育投資に値するのか?