【相続問題】特別受益と寄与分について

特別受益と寄与分とは相続についての用語であり、生前に相続したものがある場合、それ以外のものも含めて平等に遺産分割することを目的としたものとなっています。

特別受益とは

まず特別受益について説明したいと思います。特別受益とは被相続人からすでに特別な相続(利益に関する相続)を受けていた場合、他の共同相続人と不平等が生じるため、そこを是正するのが目的の法律となっています。
よくあるケースは子供が家を建てるのに伴い、住宅費の一部を親が出すというものです。3人の息子がいるAさんが長男の自宅建設の際に1000万円贈与したとします。Aさんの旦那さんはすでに他界しています。長男に贈与した2年後Aさんも他界。これに伴い3人の息子に相続権が発生します。ここで残ったAさんの遺産は3000万円です。3人で1000万円ずつというのが額面上の計算ですが、特別受益では4000万円が相続財産とみなされ1人あたり1333万円の相続となります。よって長男は333万円、次男と3男は1333万円の相続となります。
日本では現在も長男が親を見るという風習が少なからず残っており、長男に財産を多く渡すことが少なくありません。しかし相続については法定相続人の数に従い平等です。介護などの問題があればまた話は別ですが、そうではない場合、特別受益などを活用し生前に受けた財産についても平等に清算することが可能です。
またこんなケースもあります。それは被相続人の意志により長男に生前贈与した1000万円は遺産相続の対象外とするといったものです。これを持ち戻しと言います。持ち戻しは意思表示することが可能です。そうした場合は持ち戻しの免除が適用となります。

寄与分とは

次に寄与分について説明したいと思います。寄与分とは被相続人に対し生前に財産の増加や維持を手助けした人に法定相続分の財産よりも多く財産を寄与するといったものです。寄与分については被相続人が決めるのではなく相続人同志で決めることになります。
一般的に寄与分については被相続人が希望するケースがほとんどです。しかし決定権はありません。
例えば長男が被相続人(父親)の事業を手伝い、その結果大きな成功を収めたとします。もともと1億円ほどあった財産が長男の功績のおかげで3億円になりました。そこで被相続人が他界。その前に配偶者も亡くなっていると仮定します。残された法定相続人は長男、長女、次女の3人です。父親は長男に2億円、長女と次女には5千万円ずつを相続させたいと考えていたとします。本来3人であれば1人1億円ずつの相続の計算となります。それが寄与分によって分け前が変わることがあります。
相続人同志の了解が得られれば、長男が2億円、長女と次女が5千万円ずつで相続となります。
問題は揉めたときです。長女と次女がこの相続に反対した場合、家庭裁判所に判断をゆだねることになります。
相続については相続時にもめるケースがほとんどです。生前から父親が相続についてこうしたいという意向を示し、遺言書を作成しても、あくまで意向の位置づけであり、相続の権利は法定相続人の法律に乗っ取り行われます。父親の事業を手伝うなど確かな貢献について不平等が生じないよう、寄与分の制度が設定されています。ただし寄与分の制度が活用できるのはあくまで法定相続人であり、養子や内縁の妻には認められないのでこのあたりは注意が必要です。
被相続人の意志という形にはなりますが、相続時になるべくもめないよう、あらかじめ相続財産について法定相続人たちも納得するよう意志を伝え、書き残しておくこともおすすめします。

不動産でもめるケース

不動産についても相続財産の1つです。不動産の相続についてはもめる場合もあります。よくあるケースは法定相続人の1人が相続発生後も自宅に住んでおり、売却等ができない状態という場合です。
3人姉妹のBさんの例を紹介します。3人姉妹のBさん宅では次女が引きこもりで親と同居していました。父親は10年前に他界、そして母親も亡くなりました。母親が生きているうちは自宅は母親の住まいとして使ってほしいと考えた長女と3女ですが、母親が亡くなった時点で自宅を売却し財産分与をしたい意向でした。
しかし問題は次女です。次女は長年引きこもりで親の年金を頼り生活していました。仕事をしていない次女は家を出されることに非常に不満を持っており、そのまま住み続いています。
次女としては自分がずっと住んでいたのになぜ家を追い出されないといけないのかという不満があります。
それぞれの思いはわからなくもありませんが相続となると3人平等に不動産についても売却し、売却益を分割する必要があります。この場合、次女は家を出る必要があります。

まとめ

相続の際は家族間でもめることも少なくありません。ただでさえ家族を亡くし、滅入っている中、お金の問題は精神的な負担が大きいです。
いざというときに家族でもめないように、生前に話をしておくことが大切です。

■おすすめ記事
休眠預金等活用法で要注意の相続対策
最大難関2次相続に備えての節税対策
遺産相続トラブルを防ぐための事例と対処法