世界発・富裕層のキャッシュレス化

ひと昔前のお金持ちは大量の札束を持って歩く人も少なくありませんでしたが、現在の富裕層は大量の札束を持ち歩くケースは少なく、世界的にみてもキャッシュレス化が進んでいます。
特に中国ではキャッシュレス化が浸透しており、逆に現金を持ち歩く人は少数派となっていますが、日本もようやくペイペイやメルペイなどスマートフォン決済が盛んになってきました。

富裕層のキャッシュレス化について

支払いの際にクレジットカードやアプリが用いられるケースが増えています。お金を下ろす手間もなく、またクレジットカードでの支払いはポイント加算にもつながるのでなるべくクレジットカードで支払うといった人も多いことでしょう。
中国の富裕層の間では現金を使わないのが当たり前となっています。支払いはクレジットカードやアプリなどです。キャッシュレス率は日本より高いのですが、中国は偽札や衛生問題などもあり、現金より銀行から直接やり取りできるキャッシュレス対応の方がよいと考える人が多いのも要因の1つです。
富裕層は欲しいものに糸目をつけない反面、出費についてもシビアな考え方をしている人が少なくありません。無駄なものはどんなに安くても一切買わない、ポイントは最大限に活用するといったことも常識の1つです。
ポイントの中でも人気なのがマイレージです。高額な買い物をすることが多い富裕層はポイント加算についても率が良いクレジットカードを愛用していることも多く、海外旅行の航空券として活用できるマイレージを集めている人も多くみられます。
お金で支払うよりクレジットカードやアプリで支払った方がマイレージなどのメリットもあり、また現金持ち歩きや引き落としの手間もないことから積極的に利用している様子が
うかがえます。
日本はというと、クレジットカードやアプリもだいぶ浸透してはいますが、シニア層は現金派がまだまだ多い状況です。日本は偽札の心配もそんなにないですし、見えないものより現金の方が安心という考え方もあります。

お金持ちの長財布は過去の話

お金持ちは長財布というのがひと昔前の基本でした。長財布を開けると札束が出てくるシーンはドラマなどでも見かたことがあるかと思います。このスタイルはひと昔前のスタイルで現代のお金持ちはキャッシュレス&シンプル化が定番となっています。
そもそも長財布は縁起を担いだもので風水を主体としたものです。お札を折るとお金の縁が遠のくという言われもあり、お札を折らない状態で保管できるよう長財布が重宝されていたためです。
長財布の利用は女性の利用が多くみられます。女性は財布をバッグに入れて持ち歩くことが多いためスペースが大きめでもさほど問題なく利用しています。
一方男性はというと、実用性重視でポケットに入る3つ折り財布を好む傾向にあります。ファッションよりも荷物を持つことを嫌がる人も多く、長財布を利用している人は少数派です。
身近なところだとコンビニの買い物もクレジットカードで決済できます。今ではクレジットカードやアプリで決済できないお店の方が少数派です。こうした時代の流れもあり現金を持ち歩く必要がないこと、また携帯は必須アイテムなので携帯など電子機器で荷物スペースがとられることも長財布離れの要因となっています。

効率性が最優先に

時間は平等であり貴重なものです。仕事をしている人は特に時間が足りないという人も多いことでしょう。時間の節約は大きなポイントでもあります。
世界的にキャッシュレス化が進んでおり、クレジットカード決済やアプリ決済が可能な場所も増えつつあります。この流れは新興国も含めて起きています。
お金を使う場合、以前は銀行でお金を下ろして支払うという流れでした。今はクレジットカードやアプリを利用して銀行から直接利用先に支払うシステムとなっています。銀行でお金を下ろす労力やお金の確認、支払いなどの手間を省くことができ、時間短縮の面でも多いに役立つ結果となります。
また時代の流れとともに携帯電話を肌身離さず持ち歩くのが常識となりました。携帯電話の荷物が増えた分、他の荷物を減らしたいという人も多くそうした面でも現金を持ち歩かずに済むキャッシュレスは大きなメリットと言えます。
クレジットカードやアプリはポイント加算なども盛んに実施しており、現金払いよりメリットがある場合も多くみられます。このように労力や実用性から見てもキャッシュレス化は効率が非常によくメリットが多いことがわかります。
お金を生み出すことが上手な人は時間の使い方についても効率よく配分しています。無駄なものはカットすることで効率性はぐんとアップします。
この機会にぜひキャッシュレス化についても検討してみてください。

■おすすめ記事
知っておきたい海外のキャッシュレス事情
富裕層の出国ラッシュが加速している
海外富裕層の常識ボーディングスクール