歯への投資を惜しまない富裕層たち

以前「芸能人は歯が命」というCMが放映され、話題となりました。芸能人はホワイトニングをしている人も多く、歯の手入れも念入りであることがわかります。
海外諸国では歯にお金をかけて手入れするのは当たり前であり、逆に先進諸国を見ると全く何もしない日本人の方が珍しいくらいです。

海外富裕層は歯への投資を惜しまない

日本では少しずつ普及してはいるものの、ホワイトニングなどの審美歯科治療がまだまだ普及していないのが現状です。先進国を見ても歯の手入れしないのは日本人位です。なぜこんなに意識差があるのでしょうか。
海外諸国では歯は身だしなみの1つとしてとらえられており、非常に重要視されています。歯の状態は良くない場合、経済的理由で歯の治療ができないなどといった目で見られます。
最近はアジア諸国でも歯の矯正が流行っており、一般家庭でも歯を矯正する人が増えています。
海外では歯の状態が良くない場合、かなりのお金をつぎ込んでメンテナンスするケースも珍しくありません。
日本人は虫歯の治療はしても、不便がなければ歯列矯正することも少ないですし、そのままという人が多くみられます。
ここまで意識差があるのは日本と海外では歯に対する意識が大幅に異なるということが理由の1つです。
海外では歯が良くないと糖尿病や骨粗鬆症など不健康なイメージを持たれます。健康で良い印象に見せるためにも歯の状態はベストでなければなりません。

日本人は歯にそこまで固執していない傾向が

日本人が歯医者へ行くのは定期健診か虫歯ができたときが大半であり、最近は歯石取りのケアをする人も増えていますが、歯医者へ行くのは極力避ける傾向にあります。
本来は3ヶ月に1度は歯医者へ通った方が良いと言われています。歯石取りのタイミングについても半年に1度がベストです。
また歯は健康のバロメーターでもあります。日本人の寿命は世界でもトップクラスであり、最近は歯の健康寿命も注目されています。年齢とともに歯はもろくなり、必要に応じて抜いて入れ歯にするのが通例です。しかし歯を大事にしていれば入れ歯も最小限で済むケースも多く、歯の健康が見直されています。
日本は予防接種や健康診断などの意識が高いのに対し、歯の健康は後回しになりがちです。海外諸国では歯の矯正が医療保険適用になっているところもあります。日本の場合、完全に自腹で50万円以上の高い費用がかかるため矯正が必要であっても、矯正しないまま過ごす人もいます。
歯並びが良くない場合、見た目だけではなくかみ合わせなどでも支障が出ることがあります。かみ合わせが良くないと体のゆがみにもつながります。
健康維持のためにも最低でも1年に1度は歯医者へ行かれることをおすすめします。

デンタルIQの向上

日本はデンタルIQの向上がテーマの1つです。食事をしたら歯を磨く、フッ素で虫歯予防をする、歯周病を防ぐ、歯並びが悪い場合は小さいうちに矯正するなど当たり前のことがまだ浸透してしないことが多いです。
小さい子供は特に歯ブラシを嫌がります。1歳前後で歯が生えてくるようになると歯ブラシ開始のタイミングなのですが、子供が非常に嫌がるため、親が歯ブラシをしたがらないというのも問題点です。もうこのころから習慣づけることが大事です。
日本では経済格差が広がっています。これはデンタルIQにも反映されており、経済的困難な事情にある子供は親が歯ブラシなどのケアをしっかりしてしない傾向が強く、歯の状態が良くないケースが少なくありません。歯は歯医者に行けばいいというわけではなく、日々のケアが大事でそれが習慣化されているかどうかが大きな分かれ目です。
日本の有名人を見ると歯のケアがされていない人も多くみられます。歯は虫歯にならなければ特段何もしなくていいという意識が根強いことがわかります。
歯は健康とも直結しており、歯が20本以上抜けている人はがんになりやすいというデータもあるほどです。
海外富裕層が歯に投資するのは見た目もそうですが、健康維持のためでもあるのです。まずはいきつけの歯医者を持つようにしましょう。また定期的に歯医者に通うことによって健康維持にも役立つので近場で定期的に通える歯医者を見つけましょう。
移動等のタイミングで歯ブラシをするのが難しい場合は、キシリトールを噛む習慣をおすすめします。キシリトールを食べることによって虫歯を予防することが可能であり、歯ブラシほどの効果ではありませんが、非常に役立つアイテムです。

■おすすめ記事
海外富裕層の常識ボーディングスクール
子供に身につけさせたい絶対音感
教育投資は最大の節税効果