気になるプレミアムバンクとは

プレミアムバンクという言葉を聞いたことはありますか。貯金をしていても利息が期待できない今、資金をどう活用するかも課題の1つです。1000万円以上の資金があればプレミアムバンクの活用も可能です。

プレミアムバンクとは

そもそもプレミアムバンクとはどういったシステムなのでしょうか。最近耳にする機会があるものの、よくわからないといった人が大半かと思います。
プレミアムバンクとは「プライオリティーバンキング」や「プレミアムバンキング」などとも呼ばれています。基本的に1000万円以上預けることが前提であり、貯金ではなく運用となります。バンクとついているせいか、貯金の延長だと思っている人も少なくないようです。あくまで運用なのでリスクについても把握しておく必要があります。
運用ですが、各銀行の中でも運用のトップクラスの人達が運用を手掛けます。リスク分散なども考慮して、投資を手掛けます。リーマンショックのような事態でも利益が出る仕組みになっていることが多く、世界の富裕層もこぞってプレミアムバンクを利用しています。資産運用や老後の資金をプレミアムバンクで確保しているケースもあるほどです。
日本でもようやく投資をする人が増え始めており、プレミアムバンクなどは特にリスクが低い傾向が強いため注目の商品となっています。
長期投資の場合、株価は上がる傾向が強いため長期投資で検討するといいでしょう。プレミアムバンクについても長年の投資で老後の資金がかなり確保できる可能性もあります。

みずほプレミアムクラブ

プレミアムバンクは外資系の銀行で商品として多数扱われていることが多く、日本ではまだそんなに多く扱われていません。しかし日本の銀行でないと不安といった方はみずほ銀行で取り扱っている、みずほプレミアムクラブがおすすめです。みずほプレミアムクラブでは投資については希望を伝えて選ぶことが可能です。
サービスについても普通の銀行サービスとは異なります。まず、みずほプレミアムクラブの場合、会員専用ブースがあります。このブースは個室のような区切りがあり他の人を気にすることなくプライベート感満載で相談することが可能です。このスペースには飲みものなどもあるので優雅な気分で相談できます。
相談については専門家が対応しており、各自に最適なファイナンシャルプランを提案してくれます。
その他住宅ローンの手数料無料サービスやATMの手数無料サービスなど従来の銀行にはない優待も受けることが可能でありお得度が高い商品です。

その他注目商品

プライベートバンクは日本の金融会社でも商品提供するところが増えつつあります。
三菱UFJ信託銀行もおすすめです。三菱UFJ信託銀行ではエクセレント倶楽部という商品を提供しています。この商品利用は1000万円以上が最低取引の基準であり、3000万円、5000万円のプランがあります。もし預金が1000万円以上あり、住宅ローンを借りる予定なら1000万円をエクセレント倶楽部にしてみるのも良いでしょう。
エクセレント倶楽部は住宅ローンの金利引き下げのサービス対象にもなっているのです。1000万円以上貯金があり、住宅ローンを借りる場合はこうしたシステムを利用する手もあるのです。ただ残念ながらプレミアムバンクの存在や活用方法自体、あまり知られていないので上記を活用しているのはごく一部の人です。
また健康相談サービスもあります。健康相談サービスは生命保険加入にも精通しており、銀行側にもメリットがあります。健康事情は不安を抱えている人もいることでしょう。1度相談してみて、生命保険のプランを見直してみるのもおすすめです。
三菱東京UFJ銀行ではQuality Life Clubというサービスを展開しています。このサービスは1000万円以上の預金があれば可能です。
海外の銀行でもさまざまなサービスを提供しています。例えばプレミアムバンクを利用している人に対してプライオリティーパス付のクレジットカードを提供するなどといったサービスもあります。プライオリティーパスのサービスでは各空港でラウンジを使用でき、フードやお酒などを飲食できるお得なサービスです。このサービスは通常1回利用で28ドルかかります。海外へよく行く人などにおすすめのサービスです。
貯金を低金利で寝かせておくよりもさまざまなサービスが付随するプライベートバンクがおすすめです。ぜひご検討ください。

■おすすめ記事
ぜひ知っておきたい外資系プライベートバンク
海外貯蓄はラオスの銀行が熱い
休眠預金等活用法で要注意の相続対策