ダイナースクラブカードは空港ラウンジが850ヵ所以上無料利用可能

ダイナースクラブカードは人気の高いクレジットカードです。特に海外旅行や出張の機会が多い人から支持を得ており、家族で所有しているケースも多くみられます。ダイナースクラブカードは850か所以上のラウンジが利用できるなど活用度が高いカードでもあります。

ダイナースクラブカードとは

ダイナースクラブカードとはアメックスゴールドとよく比較されるカードでもあります。経営者や医師などをターゲットにした富裕層向けのクレジットカードで入会条件をクリアしてれば会社員も所有できます。近年入会条件の審査が緩和されているので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか。
年会費は22,000円です。高級料亭の予約から世界各国の空港ラウンジ利用が可能など特典内容がすごいのも特徴です。
ダイナースクラブカードは利用金額が一律の制限なしとなっており、通常のクレジットカードと異なり300万円や800万円など利用制限がないのが特徴です。大きな買い物をする際は上手に利用したいカードでもあります。
ダイナースクラブカードを持つかどうかは、年会費にみあったサービス内容を活用するかどうかがポイントとなります。せっかく持つのであれば特典はフルに活用したいところです。逆に特典の利用は年に1度程度などであれば高い入会費を支払ってクレジットカードを所有するメリットはあまりないかもしれません。
利用金額が一律の制限なしというのは、個人によって制限額が異なるという意味であり無制限ではありません。大体200万円以上あたりからではと推測されます。
ポイントについてもメリットがあり、何と言っても有効期限がないのが特徴です。上手に使いこなせたら最高のカードですね。

空港ラウンジの利用可能数は850か所以上!

ダイナースクラブカードは国内と海外の850以上のラウンジが利用できるカードです。日本国内はジュースなどのフリードリンクサービスが多いですが、海外のラウンジは軽食付きのところも少なくありません。
飛行機での出張や海外旅行好きにはたまらないカードでもあります。飛行機の搭乗前後にラウンジを利用してVIP気分を味わうのも良いでしょう。ラウンジはチェックイン後のターミナル内でも利用できる箇所が多く、チェックイン後の時間を有効活用できます。例えばパソコンでの作業です。メールチェックやその他の作業が可能です。電源コードももちろん利用できるのでその点も心配はありません。例えば羽田空港では7か所のラウンジ利用が可能です。
海外旅行では乗り継ぎのための待ち時間がある場合もあることでしょう。例えば韓国のインチョン空港などハブ空港として活用されています。大韓航空を利用してヨーロッパへ行くといったケースなどです。大韓航空は地方からも就航していることが多く、利便性の高い空港でもあります。
韓国は冬場、日本よりも冷え込んでいます。インチョン空港での待ち時間では若干肌寒さを感じる人もいることでしょう。こうしたケースでもラウンジが利用できるとなれば、心にも余裕が持てることでしょう。
移動の合間にラウンジでゆっくり休めるのは体の疲れもとりやすく、心にもゆとりが持てます。ワンランク上のサービスをぜひとも活用したいところです。

海外旅行保険などをはじめ手厚いサービスも魅力的

ダイナースクラブカードは家族にもおすすめのカードです。家族カードの発行は年会費が5,000円かかります。例えば海外旅行に行く際、家族カードをお持ちであれば、ラウンジが無料利用できます。1回3,000円程度の利用費用のラウンジが4人家族だと12,000円分無料となります。
シティカードトラベルというサービスも実施しています。このサービスでは旅行に関するサービスの相談に乗ってくれます。例えば提携ホテルの予約や旅行先のおすすめプランを問い合わせることが可能です。このように多様なサービスはぜひとも活用したいところです。
海外旅行の際は、海外旅行保険に加入する人も多いかと思います。ダイナースクラブカードは最高1億円の保障がついているので海外旅行保険の加入もなしで問題ないくらい、補償が安定しています。
ダイナースクラブカードはメリットが高い反面、こんなデメリットもあります。それは利用可能先が少ないというデメリットです。残念ながら、まだダイナースクラブカードを利用できる場所は限られています。普及が進めば利用箇所も増えると思うので、そちらに期待したいところです。

■おすすめ記事
世界発・富裕層のキャッシュレス化
海外貯蓄はラオスの銀行が熱い
一生に1度は泊まってみたいタイのマンダリンオリエンタルホテル