投資前に把握したい生活防衛資金

生活防衛資金という言葉を聞いたことがない人も多いかと思います。生活防衛資金は生活を防衛するうえで必要な資金であり、会社員と自営業者では目安の金額も異なります。万が一の事態はいつどこで起こるかわからないので、心に余裕を持つためにも生活防衛資金は確実にしておきたいところです。

生活防衛資金とは

生活防衛資金とは万が一、仕事ができない状況になってもある程度カバーできる資金のことを言います。金額の目安や雇用形態は生活レベル、家族状況などでも異なります。
生活防衛資金は資金が豊富なほど安心感があります。しかし手元の資金をストックしておくだけではなく、投資にまわしたいという人もいることでしょう。そうした人は自分にとって必要な生活防衛資金を正確に把握したいと思っているのではないでしょうか。
まず会社員の生活防衛資金ですが、給料の半年分くらいが理想と言われています。自営業者は1年分くらいストックがあると安心です。実際、このレベルまで資金を用意するのは難しい話です。投資をしたい人にとってはストックするだけのお金はお金を生み出すものではないのでなるべくなら避けたいことでしょう。
生活防衛資金ですが「給料の3か月分が目安」といったことも言われています。3か月分でも乗り切れる可能性はありますが、安心感がある状態となると上記が目安となります。
生活防衛資金ですがどこに預ければいいのかも気になるところです。おすすめは近所の銀行や郵便局です。これらは万が一の時、通帳等がなくても身分証明書があればお金を引きおろすことができます。最近はネットバンクが流行っていますが、自宅近所の銀行にもお金を預けておくことをおすすめします。
生活防衛資金はすぐに引き落としできる状態であることも大事な条件です。病気などもそうですが、震災なども含めて検討する必要があります。そうなると近所に支店がある金融機関の利用が便利でしょう。

生活のスリム化のすすめ

生活費は知らない間にアップしていることが少なくありません。生活防衛資金を検討する前に生活のスリム化をおすすめします。
生活のスリム化ですが、自分の生活を見直しすることが可能であり、また余計な出費を抑えることで投資費用に回ることが可能になる可能性もあります。生活費は「ちょっとしたもの」が要因でどんどんかさむものです。また人間は1度生活レベルをアップすると、下げることはなかなか容易ではありません。生活レベルを下げることはストレスにもつながりますし、その結果余計無駄遣いをしてしまうこともあります。
急激に生活をかえるのではなく、目標をもって少しずつ慣れるのもよいかと思います。
生活のスリム化を目指すことで自分自身の無駄も把握できますし、その分のお金を違うことに回すことも可能です。これも早めに実施しましょう。

生活防衛資金は投資運用費に含まないのが原則

みなさんは銀行口座をいくつお持ちでしょうか。日本人の銀行口座平均所有は7行ほどというデータがあります。1人平均7行ほど所有しているわけですが、普段利用しているのは1から3行程度ではないでしょうか。
お金の管理は銀行に預けてそのままという人も少なくありません。定期を組んだり、生命保険したり、他の形で運用する人もいますが、なんとなく銀行の口座にそのまま預けている人も多くみられます。
貯金や生活費の捻出、投資費用も1つか2つの口座のままといった人が少なくないのですが、生活防衛資金をストックするうえでこの方法はおすすめできません。少なくとも生活防衛資金はこれらと分けて違う口座に管理することをおすすめします。
特に投資をしている人は資金があるとつい投資が優先になってしまいがちです。投資で資金を増やしたい気持ちはわかりますが、口座はきっちりわけることをおすすめします。
万が一はそう簡単に起きるわけではないですし、公務員など安定性の高い人の場合は余計にそうした心配も少ないかと思います。もし使う場面がなくても老後の資金にすることも可能ですし、思わぬ出費が出る場合もあります。お金についてはすぐに動かせるお金も用意しておくことが大事です。

■おすすめ記事
地震保険は加入すべき保険
投資対象を分散させるメリット
あなたは金融資産をどのくらい保有していますか?