海外旅行の宿泊予約はどのサービスがおすすめ?

海外旅行の宿泊予約にAirbnbを活用する人も増えています。長期滞在者はAirbnbの利便性が高いと感じている人が多いことでしょう。今回はAirbnbとブッキングドットコムを比較してみていきたいと思います。

Airbnbとブッキングドットコムの違いとは

海外旅行でAirbnbやブッキングドットコムを利用して、宿泊予約をする人も多いのではないでしょうか。それぞれ特典や特徴があるのでまずは違いを把握しましょう。Airbnbでは別荘の貸し出しやコンドミニアムの滞在がメインとなっています。1日単位から宿泊可能で自宅にいるように過ごしたい人もおすすめです。また鍋などキッチンセットがそろっていることも多く、離乳食など自炊が必要な場合に便利です。ベッドメーキングのサービスがない場合がほとんどなので、掃除やゴミ出しなど自分で行う必要があります。
ホテルより部屋が広く、料金が安い場合が多いのも特徴です。部屋はオーナー制なので料金や設備もまちまちとなっています。
一方ブッキングドットコムではホテルがメインとなっています。ホテルに宿泊したい人はブッキングドットコムを利用します。航空券やレンタカーの予約も合わせて行うことができます。
またAirbnbはオーナー対個人であるのに対し、ブッキングドットコムはブッキングドットコム(旅行会社)対個人となります。

Airbnbのデメリット

Airbnbのデメリットとしてはトラブル時の対応にあります。AirbnbはオーナーがAirbnbのシステムを通じて賃貸を実施しており、Airbnbが仲介に入っているわけではありません。そのため当日連絡が取れないといったトラブルや当日急なキャンセルが出ることも覚悟しなくてはなりません。
一方、ブッキングドットコムやアゴダなどは、こうしたトラブル時に代替宿を探してくれます。このように個人ではなく企業であるブッキングドットコムはトラブル時の対応に心強いものがあります。

長期滞在の場合はAirbnbがおすすめ

長期滞在の場合はAirbnbがおすすめです。例えば1週間や1か月などある程度の期間滞在する場合は費用や設備なども含めて、Airbnbでコンドミニアムなどを借りた方がいいでしょう。
滞在も長期となると洗濯物もたまりますし、ご飯も外食ばかりだと飽きてしまいます。ちょっとした自炊や洗濯ができることで快適に過ごすことができます。

まとめ

海外では日本よりトラブルが多く、文化の違いや言葉の違いからトラブルが起こった際は大きなストレスとなります。安心感かお得感、何を優先させるかなどいろいろと比較をして、どのサービスを利用するか決めると良いでしょう。

■おすすめ記事
ブルガリアへの旅
タイのリゾート型コンドミニアム体験
一生に1度は泊まってみたいタイのマンダリンオリエンタルホテル