35歳以上から永住権を取得できるフィリピン

リタイア後は海外への移住を考えている人もいることでしょう。東南アジアは日本から近く1年を通して気候も穏やかなため人気となっています。海外に住むためにはビザの問題をクリアしなくてはなりません。永住権が取得できるとビザのことで悩むことなく滞在することが可能です。
フィリピンはセブ島をはじめ注目度が高まっています。フィリピンは外国人の受け入れも寛容で日本人の場合35歳以上から永住権を取得することが可能です。

特別居住退職者ビザ(SRRV)について

セブ島や語学留学などで人気が高まっているフィリピンですが、35歳以上であればフィリピンの永住権を取得できる可能性があります。フィリピンでは特別居住退職者ビザ(SRRV)というものを発行しています。
海外に住むにはビザ問題を解決しなければなりません。フィリピンでは35歳から永住権取得が可能であり、早期リタイア者にもピッタリな地です。1年を通して気候が穏やかで物価も安いことからリタイア後の移住地としても人気が高い場所でもあります。
特別居住退職者ビザ(SRRV)とはどういったビザとかというと、35歳以上でお金がある程度あれば取得できるビザです。このビザも3種類ほど種類があります。また年会費が360ドルほどかかるのでこの点も覚えておく必要があります。
ビザの取得でわからない点がある場合、不安な人はビザ代行手続き業者を利用するといいでしょう。手数料は取られますが、面倒な書類作成等も全部請け負ってくれます。あとは年齢とお金の条件を満たせばいいので、取得に手間がかからないのが特徴です。
こちらのビザは就労も可能です。永住権を取得後、フィリピン現地で仕事に就くこともできます。最近は海外で現地採用を積極的に行っています。日本の大手企業も率先して行っているので海外現地で日系企業に就職ことも可能です。
東南アジア移住が近年流行っていますが、35歳から永住権を取得できるのはごくまれです。これもいつまで可能かわからないので今のうちに取得を検討するのも良いでしょう。

移住人気国、マレーシアとフィリピン

海外移住先として人気ベスト1はマレーシアです。マレーシアは近年物価が上昇していることからタイやフィリピン滞在を検討する人も増えています。マレーシアは世界各国から多くの移住者が集まる多国籍国家でもあります。
マレーシアが人気なのは長期滞在が許可されているビザが取得できるといった点もあります。マレーシアで人気のビザがMM2Hです。こちらもお金など条件をクリアしていれば取得できます。
マレーシアは日本語通訳付きの病院や日本食なども豊富で滞在も楽しめるかと思います。また中華料理やインド料理、マレー料理など現地の料理を安価で楽しむことができます。
マレーシアは英語が基本です。フィリピンも英語が通じるので英語留学先としてもマレーシアやフィリピンが選択肢になることが多いです。
治安からみるとマレーシアの方が良く、物価の安さからみるとフィリピンがおすすめです。
ビザの面からみるとフィリピンの方が費用は少なく、年齢的にも35歳からと早々に取得できます。
費用や年齢などあまり問わない人はまずはマレーシアに移住してみてはどうでしょうか。おすすめはペナンです。ペナンは海辺のリゾート地で快適に過ごすことができます。

今のうちに取得しておくのも1つの手

特別居住退職者ビザ(SRRV)は今のうちに取得しておくのも1つの手段です。フィリピン政府は現在外国人受け入れに寛容な姿勢を示してしますが、これがいつまで続くかわかりません。
また東南アジアは気候が良く景気もいいため移住者が増えています。移住者数が増えれば永住権の打ち切りなどの話が出るかもしれません。このようにいつどう制度が変わるかわからないので、今のうちに取得することを検討してみるといいでしょう。
現段階でマレーシアやタイでは永住権は取得できません。海外の永住権取得はそう多くの国で認められているものではないので貴重なものとなっています。しかもフィリピンは取得がしやすいのが特徴です。
早期リタイアを検討している人は、生活費についても何かと考えなければなりません。フィリピンであれば日本より生活費を抑えて滞在できますし、留学費用もイギリスやアメリカに比べて1/3程度で済む場合もあります。