病院で働く『院内SE』とは?医師とのコミュニケーション

紙のカルテから電子カルテへの移行が進むなど、病院の中の業務もIT化が進んでいます。どんどん高度になっていくシステムを支えるため、病院の中でITに関する仕事を専門的に担う「院内SE」という職種の人が増えてきています。

医師の皆さんにとっても身近な職業の院内SE。読み方は「インナイエスイー」です。またSEとはシステムエンジニアの略です。

この記事では院内SEがどんな仕事をしているのか、また医師とのコミュニケーション力はどうなのかについて、解説していきます。

院内SEの仕事内容

院内SEといっても、基本的な仕事は他の会社での仕事と同様に、院内のネットワークやパソコンの保守です。システムの保守・運用を担うエンジニアが会社に常駐しているケースは、病院だけでなく一般の会社でも多いのです。

特に院内SEに特徴的なシステムは、電子カルテでしょう。患者のデータを一元管理し、医療機関同士で共有することもできる便利なシステムです。また、患者の栄養管理システムの導入や保守、病院ホームページの作成など、ITに関わるさまざまな仕事を担います。

ですが、電子カルテのような巨大なシステムは院内SEか数人で開発しているということはほとんどありません。外部のベンダーが開発したものを使っていることが多いのです。

では院内SEの仕事はというと、電子カルテのシステムを使っていて、医者や看護師に分からないことが生じた際に助け舟を出すことです。院内SEはシステムの操作方法などを教えるヘルプデスクのような仕事も請け負います。

院内SEの良いところ

院内SEが仕事をする上でメリットに感じていることの1つに、「上流工程に関われる」ことがあります。システムは利用者の要望を開発者に発注し、コミュニケーションを取りながら作られていくものです。IT企業のSEは開発者として顧客の要望に応えてシステムを作る立場ですが、院内SEは医師や看護師などユーザーの要望を取りまとめて発注する立場になります。

これを上流工程と言うのですが、上流工程にはITの知識だけでなく、要望を取りまとめるコミュニケーション能力や、予算を管理する能力、プロジェクト計画を立案する能力など、さまざまなスキルが必要です。IT企業の社員として働いているだけでは、このようなマネジメント側のスキルを身につけられないので、院内SEとしてマネジメント能力を身に付けたい、と思っている人に人気の職種です。

院内SEのつらいところ

命を預かる現場であるため、病院には他の会社には無い独特の緊張感があります。そのことを知らず、「待遇が良い」「定時で帰れる」などを理由に院内SEになってしまった人にとっては、つらい現場かもしれません。

また、システムのユーザーである医師や看護師は自分の行動で患者の生死が決まってしまうため、自分の仕事にも他人の仕事にも厳しい人が多いです。院内SEの思っている仕事のレベルと、医師や看護師の仕事に対する考え方がズレており、院内SEがストレスを溜め込んでしまう事例はよくあります。

院内SEを採用する際は、能力や経歴だけでなく、仕事に対する考え方も擦り合わせておくと良いでしょう。院内SEが直接患者と接する機会は稀ですが、病院で働くことの大変さを事前に共有しておくことが大切です。

医師と院内SEとのコミュニケーション方法

SEのことを「ITの専門家」と紹介すると、「ずっとパソコンと向かい合っていて、人付き合いが苦手な人なのではないか」「コミュニケーション能力が心配だな」と感じる方が多いようです。しかし、院内SEを数年経験している方なら、ほとんどの場合コミュニケーション能力に問題はありません。

より円滑なコミュニケーションを取りたいと悩んでいるなら、次の3点を意識してみてはいかがでしょうか。

1.過剰な叱責はしない
2.感謝の言葉を添える
3.要望は具体的に伝える

1.過剰な叱責はしない

上記でも解説したとおり、医師や看護師の方は自分にも他人にも厳しい方が多いです。慣れていない院内SEだと、「ほんの少しのミスなのに、こんなに怒られないといけないの?」と不満を感じてしまうことも。

叱責するよりも、なぜその行動が良くなかったのかを具体的に伝えると良いでしょう。特に患者の命がかかった現場で働くことの責任は、病院での勤務経験が無いと分からないものです。少しのミスが命取りになってしまうことを論理的に伝えてあげれば、医師と院内SEの間にも良い関係が生まれます。

2.感謝の言葉を添える

院内SEの主な業務に、医師や看護師がシステムを使っていて分からないことがあったら教えてあげる、ヘルプデスクの仕事があります。教えてあげるのが院内SEの仕事ではありますが、教えてもらって問題が解決したら感謝の言葉を添えてあげましょう。

仕事に厳しい方で、「使い方を教えるのが仕事なのだから、当然の仕事に対してお礼を言う必要はない」といった風に考えている方がいます。仕事だからこそ感謝されることを重視している院内SEもいるので、あまりに仕事に厳しすぎる方との間にはトラブルが起こりやすいです。

3.要望は具体的に伝える

院内SEに限らず、SEとして働いている人が一番困る要望は「なんとかして」「もっと良くして」などです。ユーザーが何をどう改善してほしいのか分からないので、SEとしてもどうしようもないのが現実です。

結果的に、改善されずそのまま放置になるか、SEがユーザーの要望を推測して改善を試みるかです。後者の場合、必ずしもユーザーが思ったとおりに改善されるとは限らず、むしろ改悪になった、というケースも。

院内SEに仕事を頼む場合、できる限り具体的に依頼しましょう。SEは医療業務の知識が及ばず、医師や看護師はITの知識が及ばないので、両者ですれ違わないように対話するのがポイントです。

まとめ

今回は院内SEの仕事について解説しました。コミュニケーション能力が不安、と感じている医師の方もいらっしゃるかもしれませんが、人との会話も院内SEの仕事のうちです。コミュニケーションに問題ない人が多いので、ITについて疑問に思ったことはどんどん質問してみてください。

■おすすめ記事
【連載第1回】医師の常識は、一般人の非常識なのか
【連載第2回】相手の目を見て話す時間の違い-医師の常識・非常識
【連載第3回】「急患」という言葉を世間はどう捉えるか-医師の常識・非常識