経営者の保険は節税効果大

会社側は経営者に対して多額の保険に加入していることもあり、保険金を退職金代わりにするケースも多々あります。こうした保険は節税効果も抜群と評判です。どういう仕組みか含めて理解しておくことをおすすめします。

経営者に人気の保険について

会社運営は経営に波があるのが普通です。いい時もあれば悪い時もあります。経営のもしもに備えて保険に加入している人もいることでしょう。
また例えば社長ありきの会社だと社長にもしものことがあれば共倒れになってしまう可能性があります。開業医についても同じ状況で医師が1人で、その医師にもしものことがあった場合、代わりの医師がいないと病院に勤務している社員の給料保証ができないといった事態も予測されます。
そこで経営者は会社の万が一に備えて保険に加入するケースが多くみられます。こうした行動は当たり前のように感じと思いますが、実は経営者の保険は会社の危機の際の活用だけではなく、次のようなメリットがあります。
・保険料支払いは経費
・法人税の節税
・経営者の退職金にすることができる

会社のもしもに備えて加入する保険なので保険料は経費というのは想像がつくかと思います。保険料を経費にすると法人税を抑えることが可能であり節税につながります。
また経営者の退職金にすることが可能です。経営者の退職金についてはこちらも節税の対象となります。
会社だけではなく個人としてもメリットがあり、さらに経費として計上できる生命保険はメリットが多々あります。
節税目当てに加入する人ももちろんいます。そのため別名「節税保険」といった呼ばれ方がされています。

節税保険

節税保険は中小企業の経営者を対象とした保険であり、法人向け定期保険として販売されています。こちらの武器は節税です。保険料を会社の経費で支払うことが可能であり、またそれに伴い利益圧縮にもなるため経営者がこぞって加入している保険でもあります。
また経営者にもメリットが高く入院や死亡の際、保険金が支払われるのはもちろん、事業資金が不足したときは保険を解約して運用資金にすることもできます。経営者個人としてはもちろん会社としてもありがたい存在です。
保険料の負担は経費であり、経費としての計上が多ければ多いほど法人税は軽減されるシステムとなっています。資金確保と節税の両方でメリットがあるのが保険加入というわけです。
加入後はどうなるのかというと、ある程度の年数で加入していれば解約返戻金として戻ってきます。また退職金として支払う場合、課税の対象外となります。このように退職金確保と退職金にかかる税金を軽減できるメリットがあるのです。
現在は節税保険は国税庁の見直しが入り、大手保険会社では販売中止を実施しました。その他の保険会社も販売中止の動きが出ており業界を揺るがす一大事となりました。

節税は出口を明確に

節税対策を兼ねて必要なものを購入したり、経費にできるものは経費にするといった動きは多くみられます。経費にすることで収益を圧縮することが可能であり、節税にも有効です。節税はできる限り実施したいといった人が大半かと思います。節税をすることで資金確保につながるなどメリットも多いのでぜひとも活用してみてはどうでしょうか。
節税のために経費計上を行いすぎると財政的にきつくなることがあります。例えば生命保険についても毎月支払いがあるので手元の資金が乏しい時は支払いが大変なこともあるでしょう。
節税するうえで大事なのは自分でできる範囲で抑えることです。また無理は禁物です。無理をしすぎて経費計上をすると、帳簿上問題が出たり、資金繰りがうまくいかなくなったりするケースもあります。
例えば黒字倒産などもそうした例です。黒字のため経費としてさまざまな計上を行った結果、現金が手元に残っていなく最終的に支払いが追い付かず倒産することもあります。黒字倒産もいくつかケースがあるので経費が原因とは言えませんが、商売をする以上常に神経を張っておく必要があります。
税のシステムは毎年改正があります。法人税なども年々引き上げ傾向にあるので1年に1度は税法などを確認しておくといいでしょう。逆に優遇の制度がある場合もあります。
日本の税金は自己申告制となっており、減額といった状態でも自分で申請しなければ還元の対象になるケースが少なくありません。税の仕組みや改正にも目を向けてその都度確認することが大事です。
経営者の中には経理をすべて行うといった人は少数派で、多くは税理士事務所に依頼しているケースがほとんどです。税理士がいるから大丈夫と安心するのではなく、自分で内容を確認しある程度把握しておくことが大事です。経営者は自分自身です。漠然とした把握ではなく明確な把握に努めることをおすすめします。

■おすすめ記事
高級車購入で節税
節税で海外に移住する富裕層が急増!
相続税対策に活用したい生命保険控除