コインランドリー事業投資で節税効果も

コインランドリーは身近な存在であり、梅雨や台風の時期は特に重宝しているといった人も多いかと思います。コインランドリーは節税効果が高く、投資としても非常に優秀でもあるのです。

コインランドリーは収益物件より効率がいい

コインランドリーを利用して洗濯をする場合、1回あたり200円から400円程度です。乾燥機利用は1回あたり200円程度からとなっています。コインランドリーは1回あたりの単価が低いものの、実は非常にメリットが高い投資でもあるのです。
まず費用回収の心配がない点です。コインランドリーはお金を投入し、洗濯機や乾燥機を利用します。お金を投入しないと作動しない仕組みなので、費用回収ができない心配がありません。
そしてコインランドリーは無人営業できるという利点があります。人件費がかからないのは大きな利点です。ただし掃除や定期チェックはかかせません。不備が多かったり、不衛生な状況では集客はのぞめません。
コインランドリーはシンプルに設置済みの機器利用のみなので、在庫を抱える必要がありません。在庫なしで営業できるのも効率がよい点です。
このように運営面でもメリットが高いコインランドリーですが、場所や運営体制さえ間違いがなければ、収益が期待できる投資であり、中には利回り15%以上というケースもあります。
収益不動産と比較されるケースが多いのですが、収益不動産のように副業で事業を行えるのもメリットです。管理については管理会社に依頼することも可能ですし、洗濯機や乾燥機などの機器は減価償却費の対象となるので大幅な節税が期待できるというわけです。ここに目をつけてコインランドリー投資をする人が増えています。

初期投資が低く利回りが高いコインランドリー投資

収益不動産と比較されることが多いコインランドリー投資ですが、初期投資が低いのも魅力の1つです。すでにある店舗などを改装して活用することも可能ですし、土地の上に小屋を建てて機器を設置することもできます。
3500万円前後から事業開始できるケースも少なくありません。土地を所有しているか、買取物件を改装するか、賃貸で経営するかなど環境によってコストも大幅に異なります。
機器については洗濯機と乾燥機です。こちらも新品購入も可能ですし、中古を導入することもできます。
コインランドリー投資が盛んに行われるポイントとなっているのが、利回りの高さです。利回りは最大9%からといったケースも多く収益不動産に比べて利回りが高くなっています。
コインランドリーは初期費用が安く、そして利回りも高く、さらに人件費等もかからないという素晴らしい運営パターンなのです。
ただしこれは立地を厳密にリサーチして採算がとれるか検討した上で投資することが前提であり、コインランドリー投資をして失敗している事例も多数あります。
コインランドリー投資は駐車場と主婦の利用が絶対不可欠です。ここを起点にどこに設定するかがポイントとなります。

節税効果大と言われるコインランドリー投資

日本は利益が出れば出るほど税金が徴収されるシステムとなっています。高額納税者は所得の半分が税金というケースもあるほどです。利益を出すなら節税対策は必須であり、前もって準備しておくことが大事です。
コインランドリー投資が近年ブームとなっています。その理由は減価償却費にあります。
コインランドリー投資では洗濯機と乾燥機の設定が基本となります。減価償却ですが15年後には0円となります。これは新品購入の場合です。減価償却は新品か中古か、定額法か定率法かなどでも異なります。
物件についても原価償却の対象となります。15年の時点でコインランドリーを売却したと仮定した場合、税金は不動産の税金と比較して1/100以下になるケースもあります。1億相当の初期費用でも税金支払いは5万円前後というケースもあり、かなり節税できる計算となります。
不動産投資で1億円の投資を行い、そこそこ収益を出している物件だとして、この場合は、売却時に500万円以上の税金がかかるのが通例なので、いかにコインランドリー投資は節税に役立つかがわかるかと思います。
投資の世界は収益物件であることが前提なことはもちろんですが、出口戦略についても明確に計画を立てないと大変なことになります。出口戦略の中には税金についても含まれていますが、この部分を計算していない人も少なくありません。売却した際、税金を支払わなくてならないのでそこも確認しましょう。
税金については毎年改正が行われます。年々締め付けがきつくなっているので1年に1度確認することをおすすめします。中には優遇制度を実施している場合もあり、節税に繋がる可能性があります。
コインランドリー投資は節税度が高い投資です。この機会にぜひ検討してみてください。

■おすすめ記事
日本型オペレーティングリースなら航空機がおすすめ
住宅取得等資金の贈与の特例の活用
不動産と現金 相続はどっちがお得?