高額所得者の所得対策は必須である

高額所得者の悩みの種と言えば「税金」という人も少なくありません。日本は累進課税制度を導入しており、高額所得者は所得の半分以上の納税が必要など重い税負担がなされます。税金を納めるのは国民の義務だから仕方ないと思っている人もいるかと思いますが、節税対策は大事なポイントでもあります。

節税は多いに活用すべし

節税対策については「あまりやりすぎるのも・・・」と尻込みしている人もいることでしょう。節税対策は違法でもなんでもありません。高額所得者なら当たり前に行っていることであり、節税できるものは極力節税することが大事です。
そもそも日本の納税システムは高額所得者に重い負担がかかるようになっています。税金を納めるのは義務であると学校でも習いますが、節税の勧めについて教えてを説いているところはあまり見当たりません。
節税はどういった部分で行うことが可能なのでしょうか。まずは「所得税」です。
確定申告を税理士経由で行っている人や会社から給料を支給される人の場合、税金の部分についてあまり把握してしない人も少なくありません。手元に残るお金に目が行きがちですが、節税すればさらに手元に残るお金は増えます。会社経営や医療法人を経営されている方は、節税について見直してみましょう。
最近では節税対策のためにシンガポールに移住するケースも増えています。所得税の税率が低いシンガポール移住は確かに有効ですが、海外移住はしたくない、できないといった人もいることでしょう。国内にいても節税できる方法はいくつかあります。例えば不動産投資です。不動産投資はなぜ節税につながるのかについても紹介したいと思います。
所得控除の対象になっているのは下記となります。

・医療費控除:20万
・生命保険控除:10万円
・確定拠出年金:27万円
・小規模企業共済:84万円
・所得控除増額:141万円

年末調整で生命保険控除を行う人も多いことでしょう。またぜひ活用したいのがイデコの確定拠出年金です。投資となりますが、貯金より効率で運用も可能なので、ぜひチャレンジしてみましょう。経営者なら起業と同時にスタートしたいのが小規模企業共済です。退職金として活用できる他、節税対策にもなります。また小規模企業共済はいざというとき、貸付を行うことも可能です。銀行等より審査もスムーズでぜひとも活用したい制度となっています。

節税対策の心強い味方コインランドリー事業

節税対策として人気なのがコインランドリー事業です。コインランドリーは1回あたり洗濯機や乾燥機利用で200円程度からとなっています。金額が小さいので利益があまり出ないように感じるかもしれませんが、立地が良ければ原価償却としても抜群の経費率であり、退職金かわりになることもあります。ただしどこでもいいわけではなく、最適な立地が肝心です。車利用なども含めて立地を総合的に検討しなければなりません。
コインランドリー事業のメリットは人件費がかからない点です。設備投資にはそれなりの費用がかかりますが、これも原価償却で経費にすることができます。中古の建物を活用してコインランドリーにする手もあります。
駐車場はできればあった方がいいでしょう。コインランドリーの利用者は主に主婦層です。都内で独身が多いマンションなどは話が別ですが、主婦が子どもの洗濯物などを持ちこむケースが圧倒的多数です。車で洗濯物を持参し、洗濯するというコースです。
コインランドリー事業を立ち上げることによって初期費用はかかりますが、節税対策につながります。最終的な出口を売却とした場合、節税分のお金と売却益などを含めると黒字になるような運営であればよいでしょう。
コインランドリー事業はコインランドリー事業で儲けようという趣旨ではなく税金対策と退職金を賄う趣旨で行うケースが多くみられます。マンション投資を検討している人は実はコインランドリー事業の収益の方が高い場合もあるので、比較してみるといいでしょう。

お金を生かすために高額所得者が取り組むべきこと

自分で会社経営をしているビジネスマンに対し、開業医はお金に関して無頓着な傾向があります。もちろんお金は大事なのですが本業が多忙なゆえ、お金の計算どころではない人が多いことでしょう。
しかしお金の知識がないとそれ以上に損をしてしまいます。特に所得が多い人は損率が高くなります。
お金を生かすために取り組んでほしいのは節税の勉強です。これが難しい人は税理士に相談しましょう。節税についても1つだけではなく「徹底的に行う」ことが大事です。この点を抑えてぜひ取り組んでみてください。

■おすすめ記事
デメリットなしを狙うなら個人型確定拠出年金
中小企業経営なら小規模企業共済がおすすめ
日本の富裕層の税金の高さは世界でもトップクラス