ぜひ読んでほしい「無税入門」

経営で利益が出たら節税対策は必須となります。節税について勉強したい人には「無税入門」という書籍がおすすめです。該当になる部分があるかもしれないので、参考にしてみてください。

無税入門はサラリーマン向けの書籍

節税と言えば個人事業主や経営者のみの話だと思っている人もいることでしょう。節税はサラリーマンでも可能です。サラリーマンの場合、給料からすでに税金が天引きされている形となります。例えば年間350万円ほど所得がある人は税金で50万円以上引かれているというケースも少なくありません。特に独身貴族は税金の負担が多いシステムとなっています。所得が高い人は税金についても多額となります。
サラリーマンも実は節税できるポイントはいくつかあります。例えば不動産収入です。不動産収入がある人は所得税など還元できるケースもあります。
無税というのは極端な例ですが、自分でも活用できる節税ポイントもあるかと思います。節税について全くわからないという方はこの機会に無税入門を読んでみてはどうでしょうか。
作者の只野さんは趣味を兼ねてイラストを描いています。イラストを描くことを事業とし必要なものを経費にします。
最近はインターネットで副業を兼ねて不用品を売却したり、クラウドワークスなどで単発で仕事をするケースも増えています。そうした人は開業届を出し、副業の一環とすることで経費にして節税の対象にすることができます。
無税を目指すには副業で経費を徹底的に使うというのもよいでしょう。例えば自宅を事務所とする場合、事務所の経費として家賃の半分を計上するという手があります。自宅で副業をしている人で貸家ではない場合、部屋を借りていることにして家主に家賃を支払う形にすれば問題ありません。
光熱費についても事務所として利用している以上、請求の対象となります。また車を副業で利用するならガソリン代や経費として計上が可能です。
個人事業主も無税を目指している多くみられます。意外と身近なものでチャレンジできるのでこの機会にまずは無税入門を読んでみるといいでしょう。

生命保険会社勤務の例

生命保険会社は営業職がメインとなります。女性の就労も多いわけですが、スーツ代や化粧代、美容室代などけっこうな経費がかかるのも特徴です。給料は歩合となっておりその月によってまちまちというケースが少なくありません。
生命保険勤務で外交員の場合、車も自分で調達しガソリン代なども自分持ちというケースもあります。そうした人はぜひとも必要経費とし申請するのがポイントです。
出先で食事やお客様のコーヒーをごちそうすることもあるかと思います。もちろんそうした費用も経費となります。
外交員の場合、給料から税金が天引きされているケースがほとんどです。多くの会社員と同じ扱いとなります。この場合どうするのかというと確定申告で還付の請求を行います。3月に毎年確定申告があるのでそちらで申告をします。
サラリーマンの場合、スーツや必要書籍も経費となります。自腹で購入している身近なものが経費になることも多いのでぜひとも調べてみてください。

無税は本当に可能か?

無税入門の筆者只野さんは無税生活を実践されている方です。只野さんが無税を実践できたのは趣味を兼ねた副業がポイントです。例えば手芸が趣味なら手芸品をメルカリなどで販売し、作品作成に必要なものは経費とすることができます。また自宅を作業場としているなら自宅の家賃を半分程度など経費にすることが可能です。
その他買い出しの際に交通機関を利用した人であれば、電車代やガソリン代などを計上できます。食事や打ち合わせの接待費用、お土産代なども経費になります。経費にできるものは徹底して経費にするといいでしょう。
特に事業立ち上げ時は机購入やパソコン購入など経費の対象になるものは多くみられます。これらも積極的に経費として計上しましょう。
確定申告は自分自身で可能です。事業を営んでいる人は膨大な量になるケースも多いため、税理士に依頼している人も多いですが、まずは自分でやってみるといいでしょう。
例えば勤務医の方も自分で申告にチャレンジしてみるのもおすすめです。必要な税金はすでに給料で引かれていると思うので、購入した書籍等を経費とし確定申告をするといいでしょう。医学書は特に高額なことから確定申告をしない手はありません。
またパソコンについても必要なケースがたびたびあるかと思います。ソフトウェアも含めて申告することで還元手続きが行えます。
無税になるのは実際のところ難しいですが節税になるポイントは多数紹介されている書籍です。この機会にぜひ読んでみてください。

■おすすめ記事
おすすめの1冊「先物市場のテクニカル分析」はFXにも活用できる本
あなたは金融資産をどのくらい保有していますか?
投信ブロガーが注目する「楽天VT」