投資商品購入は現金より節税対策になる

近年は個人単位での投資がやりやすい環境になっており、個人で投資をする人が増えています。スマホで購入や売りをできるのもそうした環境に拍車をかけていると言えるでしょう。

投資商品の節税ポイント

相続税対策などを検討されている方もいるかと思います。資産が多い人は早めに相続対策を行うことがおすすめです。
資産については現金を基本とし、その他不動産や投資商品を持っている人も多いかと思います。いざというときに現金は必要という考えが根強く、現金に対する信頼性は抜群である様子がうかがえます。日本円は世界的にみても信頼度の高い通貨であり、現金保有にも適しています。
しかしながら相続となると相続税の問題が発生し、現金での保有はおすすめとは言えません。ではどういう所有がおすすめかというと不動産での所有や投資商品などがおすすめです。これらは現金よりも相続税が少なく済むこともあり、おすすめとなっています。
投資商品と言っても多数の商品があります。
例えば株式投資の商品や公債の商品、NISAやイデコなども投資商品となります。その他各金融機関でおすすめの投資商品を販売しているケースも多々あります。非常に多様化していますが、今もっとも注目が集まっているのが小口不動産投資です。節税対策を兼ねてあえて小口不動産投資をする人もいます。
次になぜ小口不動産投資が人気なのかを紹介したいと思います。

相続税対策にピッタリな小口不動産投資

不動産は高価なものであり、購入についても慎重に行う必要があります。家などの購入は一生に1度という人も多くよくよく考えたうえで購入する人も多いことでしょう。
また土地を購入する例もあります。駐車場として貸し出したり、将来の資産として保有するケースも多々あります。その他大家業です。アパート保有などは家賃収入などのメリットがあります。
最近では比較的手軽に購入できる小口不動産投資に注目が集まっています。小口不動産投資ですが、不動産会社が建設した物件に対し複数あるいは多数のオーナーで出資行い、収益を分配するというやり方です。大型の商用施設などは出資をもとに建設されることも少なくありません。
1億の不動産を100人が出資したら1人あたり100万円の出資となります。100万円で不動産投資ができればぜひ参画したいという方も多いことでしょう。
匿名組合型と任意組合型があり、匿名組合型は事業者が不動産を所有するのが前提であり、任意組合型は事業差が現物出資するのが前提となります。
こうした方法で投資すると投資した資産については現金ではなく不動産の所有となります。
1億円のビルなら1億円のビルの1/100を所有している形となるわけです。
不動産の所有は相続価値については路面価格で計算されます。路面価格とは政府が提示する価格であり、多くの場合販売されている不動産の7割から8割程度の資産価値とみなされます。100万円分の不動産を所有しているなら価値は70万円から80万円になるのが一般的です。一方現金は100万円所有しているなら、100万円そのままで相続税の対象となります。
小口不動産投資の目安ですが500万円を現金で保有している人なら小口不動産投資に切り替えたほうがメリットがあります。ぜひ検討してみてください。

小口不動産投資は相続もスムーズに行える

小口不動産投資は相続についてもスムーズに行えます。スムーズな手続きの理由としては、小口不動産投資を借りに4つ所有していて、法定相続人が4人の場合1人1つずつとスムーズに分配できます。
通常の不動産の場合、売却するなどさまざまな問題が発生するのが通例です。それがないのでスムーズに手続きが行えます。
小口不動産投資は節税だけではなく相続の際のメリットもあります。この点も考慮して資産を現金で保有している人は小口不動産投資も視野に入れて検討するといいでしょう。
小口不動産投資については今後ますます市場価値が高まる見込みです。特に都心は価格も下がりにくいので保有にはおすすめです。地方都市などは人口減少が予想されるためあまりおすすめできません。都心に絞って小口不動産投資を進めましょう。大阪や名古屋についても引き続き不動産は安定していることが予想されます。
相続においてはお金が絡むと仲が良い家族でももめることも多く、十分気を付ける必要があります。
何かの投資をと検討している人は小口不動産投資も検討してみてはどうでしょうか。

■おすすめ記事
投資家から熱い支持を集める三菱UFJ国際投信のブロガー・ミーティング
複利のインパクトは抜群
中古マンション物件は節税に多いに役立つ