高級車購入で節税

成功の象徴とも言われる高級車ですが、高級車を会社の経費で購入すると節税にもつながりメリットもあります。大きく利益が出た年は思い切って高級新車を購入するのも検討してみてはいかがでしょうか。

高級車は経費になるのか?

成功している経営者は高級車を愛用しているケースも少なくありません。高級車は成功者の象徴でもあり、多くの人のあこがれでもあるかと思います。医師の場合、安全性から頑丈なボルボを愛用する人も多くみられます。ボルボも高級車であり購入時はそれなりの資金が必要です。
高級車を乗っている人は経費にしていることも少なくありません。そもそも高級車は経費になるのかと疑問を持っている人もいることでしょう。高級車であろうが国産の中古車であろうが、経費と認められれば経費になります。
経費になる場合、社用車であることが前提です。そもそも社用車にBMWやベンツが必要かという点も疑問です。社用車は会社の営業で利用するという実用性はもちろん、会社のPRも伴っており、車のランクはイメージもつながります。
デザイン会社でおしゃれな外車を採用しているケースと実用性オンリーの軽自動車を採用している場合、どちらがデザイン会社として運営がうまくいっている会社に見えるでしょうか?当然ながら前者です。このように会社のイメージに沿った車種を購入することは大事なことでもあるのです。
BMWやベンツのケースではセダンの方が経費になりやすいという特徴があります。セダンの方がお客様を乗せやすいイメージであることも要因の1つです。このように明確な基準はありませんが、基本的に会社で利用していれば社用車として認められる可能性は高いです。
社用で利用した証拠を残しておくためにガソリンの支払いや走行状況をメモしておくといいでしょう。これらは証拠として認められます。自宅と会社の往復についても社用車での通勤が許可されています。
社用車として利用することが前提ではありますが「自分好みの社用車を購入」して経費にすることもできるというわけです。自分好みを優先させたい人は税理士に社用車にできる条件などを確認してみましょう。

大幅利益=キャッシュで高級車購入のチャンス到来

会社経営は利益に波があるのが普通です。運よく利益が大幅に出た年はそれこそ念願の高級車購入のチャンス到来です。ここでは高級車を経費で購入することを前提に紹介します。
車の購入は減価償却と関わりがあります。税法は新車と中古車では計算方式が異なるのでこの点も注意が必要です。減価償却は定額法と定率法があります。利益が多く出て高級新車を購入した場合、定額法を使うと節税にも役立ちます。
節税方法ですが、まずは高級車を現金一括で購入します。その後経費として減価償却の定額法を用いるわけですが定額法だと2,3年の節税で大きなメリットを受けることができ、キャッシュフローの面で大きく恩恵を受けます。
税制については毎年改正があるので必ずチェックしましょう。今年は大丈夫であっても2年後、3年後は適用にならないケースもあります。
経理についても確認が必要です。なぜなら帳簿と実際の持ち金は異なっている場合もあるからです。黒字であっても現金がほとんどなかったり、逆に赤字でも現金が残っている場合もあります。節税についてもあくまで帳簿の話なので帳尻をあわせることが大事です。

レンタカーの利用も検討したいところ

車の維持には購入資金はもちろん、ガソリン代などの維持費、保険料、税金などさまざまな面でお金がかかります。仮に高級車を社用で利用するのが月に数回ならレンタカーを利用するのもおすすめです。レンタカーは社用と認められれば当然経費なります。
高級車は燃費が悪いことも少なくありません。普段の営業で長距離運転が必要な場合、高級車での移動はロスが多い場合もあります。それなら普段は燃費の良い国産車などを利用し、必要に応じて高級車をレンタルするという手もあるわけです。
仕事柄接待ゴルフがある場合もあるかと思います。月に1度か2度、接待ゴルフ用に高級車がほしいという程度であればそれこそレンタカーの利用が良いでしょう。
接待ゴルフも含めて会社の運営として必要なものであれば経費になりますし、プライベートと違い経費で落とすと所得にも反映されるため節税にもつながります。経営者は経費で落とせるものは経費にすることが前提です。ただし税務署もそんなに甘くはありません。公使はしっかりわけて経費にしないととんでもない目にあうこともあります。
自分では経費だと思って高級車をレンタルしたものの、経費に認められなかったというケース出てくるかもしれません。こうしたことにならないためにも税理士に事前に相談してから行動しましょう。経費にする上でも注意点についてもよく確認しておくことが大事です。

■おすすめ記事
最大難関2次相続に備えての節税対策
節税で海外に移住する富裕層が急増!
逓増定期保険の活用について